夢を叶える言葉【国語辞典】

スポンサードリンク



【国語辞典】


■決定機

勝敗を決する機会、決定的なチャンス。



■享受(きょう じゅ)

あるものを受け、自分のものとすること。
また、自分のものとして楽しむこと。
精神的な面でも物質的な面でもいう。



■クラウドファンディング

不特定多数の人が通常
インターネット経由で
他の人々や組織に財源の提供や
協力などを行うこと。

群衆(crowd)と資金調達(funding)を
組み合わせた造語。



■験担ぎ(げん かつ ぎ)
これから行うことが良い結果となるように
祈願する意味を込めて行われる行為。



■堪(こた)える
痛みや哀しみなどが
身体に深く感じられること。



■成仏(じょうぶつ)
死んで、この世に未練を残さず
仏となること。



■スキップ(カーリング用語)
主将。試合中の指示権限を持つ司令塔。
自分の投球時以外はハウスから指令を出す。

主に最後、7,8投目を担当。



■スキッパーは、艇のかじ取りと
メインセール(中心の帆)の操作。

クルーは、ジブセール(前方の帆)
を操りながら、艇の縁に足をかけて
大きく体を海へ乗り出すなど、
全身を使って艇のバランスを取りながら、
周囲の状況や進路の判断等も担いう。



■臍下丹田(せいか たんでん)
へそのすぐ下あたりのところ。

ここに意識を集中して力を集めれば、
健康を保ち勇気がわいてくるという。



■精査(せいさ)
細かい点までくわしく調べること。



■スポーツクライミングは
「ボルダリング」「リード」「スピード」
の3種複合競技として行われる。

ボルダリングは4~5mの壁を使い、
複数の課題をこなして完登できた数を競う。

リードは12m以上の壁をロープで
安全確保しながら登り、
登った高さを競う。

スピードは15mの壁を2名同時に
スタートして、登る速さを競う。



■賜物(たまもの)
試練などの結果与えられた成果。



■達観(たっかん)
全体の情勢や将来をよく見通すこと。



■バロンドール
1956年にフランスのサッカー専門誌
「フランス・フットボール」が

創設したヨーロッパの
年間最優秀選手に贈られる賞である。



■フィジカル
1肉体的。身体的。



■49erFX級
全長4.9mの艇を二人で操る
セーリング女子クラスで、
2016年リオオリンピックから
新規採用された種目。

海のF1と言われるほどの
ハイスピードで、
迫力とスピード感のある競技
として注目度が高まっています。



■澱む(よどむ)

水や空気などが流れずにとまって動かない。
動作などが順調に進まない。滞って動かない。



■厄(やく)

わざわい。くるしみ。災難。



■律する(りっする)

自分の衝動や欲望を意思で抑えること。
自らを克服する・自らに打ち克つ



■WSL(World Surf League)

旧ASP(Association of surfing professional )
から進化した世界プロサーフィン連盟のこと。

JPSAが日本国内だけを管轄する
団体であるのに対してこちらは
世界レベルの団体で、世界各国で開催される
主要なサーフィン大会を管理運営しています。



■WCT

「WCT(World Championship Tour)」と
「WQS(World Qualifying Series)」。

いずれも、「World」を省略して、
「CT」や「QS」と呼ばれたりもします。

コンテストに参加するサーファーの中で、
世界最高峰の舞台である
ワールドツアーこそが「WCT」。



■ゾーン

極度に集中している時に
体験する特殊な精神状態のこと。

フロー(Flow)とも呼ばれる。



■標榜(ひょうぼう)

主張や立場などを,公然と表すこと。



■モード系(モードけい)
該当シーズンのファッションショーなどで

発表や販売されている
服装やそれと類似するもの。

モード(MODE)はフランス語で流行や
ファッションを意味し、

英語のファッション(FASHION)である。
転じてコレクションにおける
最新の表現手法を指す。



■カンテラ

スペイン・サッカーの下部組織のこと。
直訳すると「石切り場」となる。



■高尚(こうしょう)

知性や品格が高く上品なこと。



■ドーハの悲劇

1993年10月28日にカタールの
ドーハで行われた
W杯米国大会アジア地区最終予選で、

本大会への初出場をかけて
最終戦に臨んだ日本代表チームが

後半ロスタイムに失点し、
予選敗退に終わった。



■人類補完計画
(じんるいほかんけいかく)

人類補完計画とは、
『新世紀エヴァンゲリオン』に
登場する計画の一つである。



■JYPエンターテインメント

1997年 シンガーソングライターの
パク・ジニョンが芸能事務所
「テホン企画」を設立。

2001年 パク・ジニョンのイニシャルを取って
「JYPエンターテインメント」に社名を変更。

ピ、ワンダーガールス、ジュ、
2PM、Miss A、GOT7、TWICE
など、多くの歌手を世に送り出している。



■素を以って、絢と為す

簡略で機能的ああるものや、
余分な装飾を削ぎ落とした物のほうが、
かえって美しく見える、という意味。

余分な言動や非効率的な
行動・考えをするより、率直に考え、
余分な言動をせず効率的な人のほうが、
動きが流れるようで美しく、素晴らしい。



■OPS
出塁率と長打率とを足し合わせた値。

A 素晴らしい .9000以上  
B 非常に良い .8334 - .8999
C 良い    .7667 - .8333
D 並     .7000 - .7666
E 平均以下  .6334 - .6999
F 悪い    .5667 - .6333
G 非常に悪い .5666以下  



■楼閣(ろうかく)

高く立派な建物。



■アジャスト

調整すること。調節すること。



■マジックキャッスル

アメリカ・ロサンゼルスの
ハリウッドに建てられている
奇術専門の会員制クラブ。

1908年に創立。
ミルト・ラーセンにより
1963年に会員制クラブが創設された。

数千人を超える奇術愛好家で構成される
アカデミー・オブ・マジカル・アーツ
が運営し、何十年以上の歴史を持つ。



■リスクマネージメント

将来起こりうるリスクを想定し、

リスクが起こった場合の
損害を最小限に

食い止めるための対応をいう。



■マインドセット

マインドセットとは、
経験、教育、先入観などから
形成される思考様式、心理状態。

思い込み、価値観、
信念などがこれに含まれる。

マインドセットは

職務に必要な知識や技能を
明確に意味づけるのに役立つ。

同じ知識や技能を学ぶにしても、

その意味や目的を
意識するのとしないのとでは、

結果に大きな違いが
出ることがある。



■ネットリテラシー

ネットリテラシーとは、

インターネットを
正しく使いこなすための

知識や能力。



■臨界点

臨界点とは、
それ以上超えられない点。

類語:限界、極限など。



■ヒエラルキー

ヒエラルキーとは、
ピラミッド型の階層組織。



■オフェンシブ・ラインマン

アメリカンフットボールの
ポジション。



■逆張り

取引で、

人気のよいときに売り、
悪いときに買うこと。



■ケミ

ケミカルからきた語で、

「人と人が出会い
化学反応が起こる」

といった意味をもつ。



■ボディダブル

映画やテレビドラマなどの
主要な出演者が

なんらかの理由により
あるシーンを

演じることができない場合に、
替え玉となって、

あたかもその出演者が

演じているかのように
演技をする俳優のこと。



■中二病

中学2年生頃の思春期に見られる、
背伸びしがちな言動。

思春期特有の思想・行動・価値観が
過剰に発現した病態のこと。



■ロールモデル

お手本となる人物。



■是非に及ばず
(ぜひにおよばず)

織田信長が本能寺の変で、
敵軍「明智光秀」に放った言葉。

「やむを得ない」「仕方がない」
「こうなっては仕方ない...」
という意味。



■メンブン

멘붕(メンブン)

驚いたときや激しいショック、
怒りを感じたときの状態。



■小野二郎

小野 二郎(おの じろう)
1925年10月27日生まれ
日本の鮨職人。
ミシュラン史上最高齢の三ツ星シェフ
1951年に鮨職人となる。
1965年に独立し、
銀座の現在地にすきやばし次郎を開店。
手の保護のため、
外出時は必ず手袋をはめている。



スポンサードリンク



スポンサードリンク



LINE/Twitter