【夢を叶える名言・格言集】
阿部 サダヲ


人が考えた、せりふを
言ってるって、
なんか、いいんですよね。

違う人になれた感じがして。

スポンサードリンク


阿部 サダヲ

■阿部 サダヲ(あべ さだを)
1970年4月23日生まれ。
千葉県松戸市出身。
身長:164cm、血液型:A型。
俳優。

1992年 舞台『冬の皮』でデビュー。
2006年 テレビドラマ
 『医龍-Team Medical Dragon-』出演。
2007年 『舞妓Haaaan!!!』で
 映画初主演。
2009年 映画『なくもんか』で主演。

2010年 NHKドラマ『離婚同居』で
 連続ドラマ初主演。
2011年 『マルモのおきて』
 連続ドラマ初主演。
2017年 2019年NHK大河ドラマ
 『いだてん~東京オリムピック噺~』
 の主演決定。

阿部 サダヲ・名言


俳優はやっていて
とても楽しいです。

それに“落ち込む”ということは、
多少なりとも
向上心があるということ。

そういう時は逆に
真剣にこの仕事のことを
考えているんだなと思ったり。

この仕事は僕に合っている
のかもしれないです。


主演でも、主演でなくても、
やることは変わらない。

こだわりもあまりないです。


人が考えた、せりふを
言ってるって、
なんか、いいんですよね。

違う人になれた感じがして。


“勘違い”をするというのが、
僕の中で一番大事にしていること。

勘違いをすることが面白かったり、
役者としても勘違いしてないと

演じるのが無理なときも
あるんですよね。

だからイイ男風の役のときは、
自分を180cm位の男だと

勘違いしないと
出来なかったりする
ときもありますよ(笑)。


俳優をやっていて、

それこそ“心がポキッ”と
なったことがない。


先日たまたま親戚が
集まったんですけど、

僕はおとなしかったので、
それが役者をやるなんて

未だに信じられないって
言われました。

スポンサードリンク




50歳から大人っぽい感じの
生活をしていきたいと
思っているんです。

僕ちょっと堺正章さんに
憧れてる部分もあるんですよね…。


(私の一世一代の大勝負は)
やはり芝居を始めたことですかね。

就職した会社を辞めて、
バイトをしていた時期もあって、
そこから世界を
変えてみたいなと思って、

全然知らないところに
飛び込んだこと。

それが今となっては
良かったですけどね。

スポンサードリンク




阿部 サダヲに関する書籍等


阿部 サダヲ・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




名言を投稿