【夢を叶える名言・格言集】
ビル ゲイツ


スポンサードリンク


ビル・ゲイツ

■ビル・ゲイツ(Bill Gates)
1955年10月28日生まれ。
アメリカ・ワシントン州出身。
実業家・プログラマー。
マイクロソフト社の共同創業者。

高校生の時に、友人のポール・アレンと
ともにトラフォデータ社を創業。

その後、ハーバード大学に進学し、
同大学を休学してアレンと
共にマイクロソフト社を創設。

2000年 CEOをバルマーに譲り、
 マイクロソフト社の会長に就任。
2008年 フルタイムの仕事から引退。

ビル・ゲイツ・名言


成功したければ、
成功への願いが、

失敗への恐れよりも、
強くなければいけない。


成功の秘訣。

それは大きなビジョンが
持てるかどうかだよ。


私は物事を
とことん突き詰めるのが好きなんだ。

そうすれば、
たいてい良い結果が出るから。


あなたの顧客の中で
一番不満をもっている客こそ、

あなたにとって一番の学習源なのだ。


同じ決断を二度するな。

最初の決断に充分時間をかけて
確固たる決断を下せば、
同じ問題を二度考えずにすむ。


人の心をつかむもの、
それは「誠実」である。


スポンサードリンク




成功の鍵が何かは知らないが、

失敗の鍵は、
全ての人を喜ばせようとすることだ。


こんな良い物を全世界に広げたい。


反対があるのは健全なこと。

本当に力のあるアイデアか
試されるわけだから。


変わることがなければ
成長することもない。

成長することがなければ
真に生きていない。


若い人を優先的に雇っている理由は、
若い人の方が向上心があるし、

新しいアイデアが
どんどん出てくるからだ。


必要なのは強力なチームだ。
なぜなら、
どんなに良く管理されようと、

平凡なチームからは
平凡な結果しか生まれないからだ。


スポンサードリンク




成長は一時的に安定を失うことだ。

それは、慣れ親しんでいるが
型にはまったやり方や、

安定しているが退屈な仕事、
時代遅れの価値観、

意味のないつき合いを
排除することでもある。


私は年に数回、
「Think Week(考える週)」を
設けている。

その間は本を読んだり、
同僚が時代に取り残されないようにと
選んでくれた資料に
目を通したりして過ごす。


私は質疑応答の時間が好きだ。

それによって、
何が人々の感性に訴えるのか、

人々が何に不満を持っているのかが
わかるからだ。


問題は未来だ。
だから私は、過去を振り返らない。


リスクを引き受ける気があるなら、
悪いニュースに多少
目をつぶることは必要だ。

不安はあっても、
「上手くいく保証はないが、
ベストを尽くしてみようじゃないか」

というぐらいの
勇気がなくてはならない。


たとえば
ミーティングがあるときには、
話すことをきちんと考えていく。

世間話はほとんどしない。
とくに気心の知れた仲間との
ミーティングではね。

1日24時間では、
処理しきれないほど
難問があるのだから、
無駄にしている暇はない。


スポンサードリンク




毎日毎日「勝ちたい」という
気持ちで出社しなければならない。

切羽詰まったときにこそ、
最高の能力を発揮できる。


成功の鍵は、
的を見失わないことだ。

自分が最も力を
発揮できる範囲を見極め、

そこに時間とエネルギーを
集中することである。


ビル ゲイツに関する書籍等


ビル ゲイツ・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter