【夢を叶える名言・格言集】
ぼくのりりっくのぼうよみ


スポンサードリンク


ぼくのりりっくのぼうよみ

■ぼくのりりっくのぼうよみ
1998年2月12日生まれ。
神奈川県横浜市出身。
シンガーソングライター。

2012年 紫外線名義でニコニコ動画に初投稿。
2014年 高校2年生時に10代限定フェス
『閃光ライオット』のファイナリストに選ばれる。
2015年 1stアルバム『hollow world』で
 メジャーデビュー。

ぼくのりりっくのぼうよみ・名言


夢を掲げて
がんばっている人は、

その夢が叶っちゃったあと
どうするんだろう。


やろうと思えば何でもできる。

それで自分が嬉しければ
それでいいだろう、と。

みんな、成果を求めるから
諦めてしまうわけですよね。


今じゃないどこかを
目指すために頑張る必要はなく、

今を満たしていくことが
大事だと。


夢は自分が
幸せになるための

ツールの一つでしかない。


夢や目標を
持つことがすべてでも、

正義でも何でもないし、

ただ幸せになるために
有効に使うと便利、

というだけ。


常に

「この幸せはいつか
終わるんだろうな」

みたいに思いながら
過ごしちゃうみたいな。

そういうひと一定数
いると思うんですけどね。


スポンサードリンク




不安の方が多いかも
しれないですね。

多分誤った先入観なんですけど、
今までの19年間の人生、

色んな所で色んな刷り込みを
受けてきた結果、

なんとなくこの先に
待っているのは

今より良くない

未来なんじゃないかっていう
感覚がいつもあります。

同じように思っている人って
多いと思うんですけど、

幸せというものが

この国ではあんまり
見当たらないというか。


成功とは
成功した、しないを

一切気にしなくなる
次元に行くことですかね。

成功してる人は
成功してるかどうかを

一切、気にしない次元に
行けてる気がします。


全体的に
ダークなものが好きで、

陰陽で分類すると
絶対、陰の人間。


音として僕がすごく
心地いいと思うのは、

やっぱり明るく
キラキラした音っていうより、

「罠」とか
「たのしいせいかつ」
みたいな、

どっちかっていうと
黒い感じの音で。


僕は自由になりたいです。

文学的だとか、天才だとか、

哲学的な歌詞が
素敵だとか言っていただいて。

できあがった
他の人たちの中にある偶像に

自分が支配されてしまう。
それにすごく耐えられない。


天才をやめようと思ってます。


スポンサードリンク



ぼくのりりっくのぼうよみに関する書籍等


ぼくのりりっくのぼうよみ・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




名言を投稿