【夢を叶える名言・格言集】
デヴィ夫人


スポンサードリンク


デヴィ夫人

■デヴィ・スカルノ
1940年2月6日生まれ、東京都出身。
インドネシアの
スカルノ元大統領第3夫人。
通称:デヴィ夫人。

1959年 訪日中のインドネシアの
 スカルノ大統領と出会い、
 ジャカルタで結婚。
1970年 スカルノ大統領が亡くなり、
 パリに亡命。
10年間インドネシアで事業に
 専念した後、
1991年にニューヨークに移住。
以降、講演、コメンテーター、
バラエティー、CMなど、多様に展開。

デヴィ夫人・名言


まずは、自分を高めること。


自分にチャンスが
巡ってきたら必ず掴むこと。


仕事も遊びも限界を決めない。


私は人の3倍努力して

人の3分の1の睡眠で
ここまできましたよ。


若さの秘けつは、
やっぱり“緊張感”だと思いますね。


挑戦する気持ちを失った時が、

自分が年を取ったということに
なるんじゃないでしょうか。


スポンサードリンク




勇気を出して
ご自分の人生を開拓した人から

幸せが訪れるもの。


人間って恵まれすぎてちゃ
いけないと思うんです。

物質的に恵まれると
人間堕落するだけなんですよ。


毎日生き生きと過ごすこと、
楽しいことを追及すること。

私は働いている時間も多いけど、
遊ぶ時は遊ぶ。


多くのことを経験すると自信がつく。
その自信が自分を輝かせるのでは。


誰にでもチャンスは訪れているはず。
これがチャンスだって思うか思わないか。


若さを保つには、
何事にも好奇心を持って、

興味を持って、
探究心を持って挑むことが大事。


スポンサードリンク




「世の中が悪い」「自分は不運だ」
なんて逆恨みをするのではなく

どんな境遇で生まれたとしても、
自力で勉強して這い上がり

立派に暮らしている人は
たくさんいらっしゃいます。


自分の境遇を受け入れ、

自分を高める努力をする。


教養や知識を蓄えて
自分を高めることができていたら、

巡ってきたチャンスを
逃すことなく

実を結ぶことも
増えるのではないかしら。


1日10回は感動すること。
ホルモンの働きが体を巡りますから。

とにかくワクワクすること、
心が高揚することが大事。

笑う門には福来るじゃないですけど、
笑うことが多い人は若くいられるのでは。


偉業を成す時は
必ず犠牲を伴うと思うんです。

本当に栄光と無念と、

そして悔恨の半生だったと今振り返って、
思いますね。


新しい1歩は、

ちょっとの積極性が運んでくれるわ。


スポンサードリンク




私、あと
30年は生きたいと思っているの。

やっぱり元気の秘訣は、
いい仕事をして充実感を得ること、

それから楽しくよく遊ぶこと。
どんなに仕事で疲れても、

時間さえあれば銀座に行って
よく飲んでますのよ。

ほとんどの方は毎日を
「生活」していますが、

私は毎日を「生きて」いる。
この差、わかります?


目標は105歳まで
生きることだったんですが、

最近は100歳でも
まぁいいかなって。

やっぱり1世紀を
我が目で見届けたいですし、

自分の敵が全員死んで
何も言えないようになるまで生きます。
(笑)

死神が来たならばもう、
ハイヒールで蹴っ飛ばすつもりですね。
(笑)


デヴィ夫人に関する書籍等


デヴィ夫人・一覧
【楽天】 【Amazon】
Amazon.co.jpアソシエイト

LINE/Twitter




名言を投稿