【夢を叶える名言・格言集】
羽根田 卓也


一瞬、一瞬のシビアな判断が

勝敗をわけます。

スポンサードリンク


羽根田 卓也

■羽根田 卓也(はねだ たくや)
1987年7月17日生まれ。
愛知県豊田市出身。
身長:175cm、体重:67kg。
血液型:O型、カヌー選手。

高校3年生のときに
全日本選手権で優勝し、
高校卒業後は単身でカヌーの
強豪国スロバキアに渡る。

2008年 北京五輪に初出場。
2012年 ロンドン五輪 7位入賞。
2014年 世界選手権 5位入賞。
 アジア大会で金メダル。
2016年 リオ五輪 銅メダル獲得。

羽根田卓也・名言


今でも、ふとした瞬間に信じられない
気持ちに襲われます。

ロンドン五輪が終わった頃から、
何回も五輪に出てメダルを獲得する
という夢を見ていました。


五輪メダルは目標です。
夢とは実現できるか
どうかわからないものでしょ。


一瞬、一瞬のシビアな判断が
勝敗をわけます。


いかに臨機応変に反応していくかが
勝負です。


流れをいかに繊細な技術でうまく処理して、
いかにロスなくいくか。

水の感覚というものに重点をおいて
練習してきました。
それが僕の武器のひとつです。

スポンサードリンク




僕の考え方のひとつに、
『試合前に変わったことはしない、
試合前にあがかない』
というものがあるんです。

試合のパフォーマンスは、
ふだんの練習の結晶。

ふだんの心がけが、そのまま出ます。


どの大会も100パーセントで臨んだ、
今までの積み重ね、心がけが、
やっと咲き始めた。


『よし! やってやるぞ!
リオ五輪で目にもの見せてやるぞ!』
って気持ちになりました。


スタート前には、僕はリラックスするより、
あえて体を固めて、怒るんです。
『やってやるぞ!』と思うんです。


僕は『ちくしょう!』と怒りを
エネルギーにするタイプなんです。

スポンサードリンク




高校1年になったときに、
『練習をやりすぎて悪いことは
ひとつもないな。
手をぬく余裕も理由もないな』、
と考えるようになりました。


オフはしっかり体を休める日と
決めています。

ハイキングに行ったり深夜まで飲んだり、
翌日の練習にも影響する
ようなことはしません。


好きな言葉は、宮本武蔵さんの
「千日の稽古を鍛とし、
万日の稽古を錬とす」
という言葉です。

千日、万日積み重ねて、
やっとひとつの鍛錬になるという。

僕は「目標に向かうときに近道はない、
日頃の積み重ねこそが一番の近道だ」

と常に考えているので、宮本武蔵さんの
この言葉を支えにしています。


羽根田卓也に関する書籍等


羽根田 卓也・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter