【夢を叶える名言・格言集】
張本 智和

スポンサードリンク


張本 智和

■張本 智和(はりもとともかず)
2003年6月27日生まれ。
宮城県仙台市出身。
身長:172cm、血液型:O型。
卓球選手。
妹は張本美和

両親とも中国出身の卓球選手で、
母・張凌は95年世界卓球の中国代表。

2歳の時からラケットを握り、
小学1年生から6年生までの
全日本選手権を6年連続優勝を
果たして「怪物」と呼ばれる。

張本 智和・名言


絶対にあきらめない気持ちです。

どんなに劣勢になっても、
あきらめることはしません。


人間性も卓球も全てが
一流じゃないと

絶対とれないと思うので、
日ごろの一日一日を大事に、

1秒も無駄にしない
選手になりたいです。


同年代の選手の中で勝っても、

年上の選手に勝っていかなければ
オリンピックには行けませんから、

もっともっと強くならないと
ダメなんで、

そこで満足していなかったです。


普通の生活をしているだけでは
普通の人生しか送れません。

何か得意なことがあって、

それを伸ばすことができれば
将来に役立つと思っています。


母親から

『勉強に集中できれば、
 卓球でも集中できるよ』

と言われていたので、

勉強がそんなに
嫌ではなかったです。


油断していると他の選手に
すぐ抜かれてしまうので、

気は抜けません。

休みがあってもほとんど
毎日練習しています。


スポンサードリンク




緊張は最近は全然しません。

どんな相手でも、

絶対に勝ちたいという
気持ちが強いからです。

強い選手と試合をする事は
楽しみです。


最年少は嬉しいといえば
嬉しいんですけど、

やっぱり結果が出なかったら
何て言われても意味ないんで、

成績で記録をもっと
作っていきたいです。


小学6年生の時、親に

『卓球をやるなら強くなって
最後までやり切りなさい。

そうでなければ
やらなくても良い。』

と言われ、
その言葉通りに頑張っています。


勉強とかもできたら

人間性とかも
上がってくと思うので、

みんなに憧れられるような
選手になりたいです。


天才、100年に1人の逸材と
言われていることについて。

「言われてるなら、それ以上の
成績を出すしかないっていう。

プレッシャーは
感じてないんですけど、

逆にやってやろう
みたいな感じですね。」


当時小学5年の張本選手は、

憧れている水谷隼選手から
サーブの技などを教わり、

「僕を超えるには大きな覚悟が必要。
その覚悟はありますか?」

と水谷選手から迫られました。

10歳の張本選手は

「たぶんあると思う」
と答えた。


スポンサードリンク




(全日本選手権
史上最年少となる14歳208日で初優勝)

今まで卓球をやってきた中で
最高の瞬間。

決勝では失うものがないと思って、
思い切り行った。

今まで卓球やってきた中で、
1、2番を争ういいプレーだった。


水谷選手と樊選手は
ずっと憧れの目標だった。

こんなに早く勝てる日が
来るとは思わなかった。


今回の勝利で
努力する目標を失うことはない。

より強くなって、勝ち続けたい。


一番の武器はバックハンドで、
フォアの調子が良ければ、

もうほとんど誰にも
負けないぐらい

実力は付いてきたな
という自信はあります。


日本であと完璧に超えるべき選手は
もう水谷さんなので、

東京五輪までに絶対に
超えなきゃいけない壁です。


実力もまだまだ完璧に
超えていないので、

本当に何回も超え続けなければ
いけない壁かな、と思います。


スポンサードリンク




父は、

良い時も悪い時も、
表情を変えず、

優しく接してくれた。
一番感謝したい。


今まで生きてきた中で
最高の瞬間。

2018年世界選手権・水谷隼戦


今まで好きではなかったが、
練習以外で強くなる手段がない。

やればやるほど成果が出る。


僕は東京五輪の時も
高校生。

高校まではしっかり
卓球と勉強を

両立しなきゃならないな、
と思ってます。


どこに行っても
東京五輪の話をされるので、

期待されてるんだな、
と感じますが、

あまり考え過ぎない
ようにしてます。

東京五輪まで

自分の良いところ、
悪いところをしっかり

分析して戦って、
本番では出場する種目全部で

金メダルを獲れるよう
頑張りたい。


自分はいつも平常心を持って
プレーするように心掛けている。

試合では相手を一歩リード
できるような

戦略や戦術を考え続けている。


スポンサードリンク




普段、中国の選手と
交流する機会はない。

ただ、互いに
高め合えるような

良いライバル関係に
あると思う。

これから、中国選手から
学ぶべき点は

まだたくさんある。


まず果たすべき目標は、
日本代表に選ばれること。

心理、精神、戦術などで
まだまだ

強化しなければいけない
部分がある。

ケガをしないことを
前提に、

新しい技術を磨く
努力をしたい。


中国と日本に限ることなく、

全世界に卓球という
スポーツを広め、

雰囲気を盛り上げていきたい。


スポンサードリンク



張本 智和に関する書籍等


張本 智和・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter



関連記事・広告



名言を投稿