【夢を叶える名言・格言集】
平野 歩夢


スポンサードリンク


平野 歩夢

■平野 歩夢(ひらの あゆむ)
1998年11月29日生まれ。
新潟県村上市出身。
身長:165cm、体重:50kg。
血液型:O型。

4歳から兄の影響で
スケートボードを始め、
半年後にはスノーボードも開始。

小学校4年でプロ契約、14歳で
X Games史上最年少の銀メダル、
TTRワールドスノーボードツアーの
ハーフパイプ部門で最年少の年間王者。

2014年 ソチ五輪 銀メダル獲得。
2015年 ワールドスノーボードツアー
 プロシリーズ・男子ハーフパイプ
 部門でシーズン王者。
2016年 LAAXオープンで優勝、
 X GAMES OSLOでも優勝を飾る。
2018年 平昌オリンピック
 2大会連続の銀メダルを獲得した。

平野 歩夢・名言


自分を信じ、戦い抜けば、
必ず結果がついてくると確信している。


オリンピックっていうのが
デカい壁だなって思っていちゃ

勝てないから。


体ひとつで向き合っていく競技なので、
恐怖を覚えることもありますが、

そうした怖いという気持ちも抱えて
技にチャレンジしないと、

トップレベルの大会では勝てません。


雰囲気にもっていかれないように
調整しながら、

自分のことをコントロールしている。


五輪は世界中の人たちが見ている。

チャンスかなと、大きい影響を
与えられたらいいと思います。


乗り越えるか乗り越えられないかで
成績も変わってくるので、

自分の名前が付けられるくらいの
凄い技も、

リスクを背負ってやっていかないと
いけないと感じています。


スポンサードリンク




今は今しかできないことを
やっていきたい。

もちろん、自分のカラーを出しながら。


夢も将来もそうですけど、

あきらめずにやってきて、
続けてきて良かったなと思うし、

これからもっと価値のある人間に
なっていきたいと思います。


プレッシャーとかも
感じるところはありますが、

そこは見ないようにして、
自分のことに集中したい。


あとは、やれることしかやれない。
やれることは……

自分の滑りというか、
やれることをやって

それが“いい結果”になればいい。


常に恐怖心との戦いです。


自分は人がやっていない道を
たどりたいというか、

何の足跡もないところを
目指しているので。


スポンサードリンク




スノーボードじゃなくてもいいんです。
子どもも大人もおじさんでも、

みんな安定した生活より
夢を持ってもらいたいと思っています。


自分は滑り1つで、
周りを黙らせる滑りにこだわっている。

滑り1本で、1つのランで、

みんなを認めさせることだけを
目指すのは、

これからも変わらず続けたいです。


平昌五輪までの4年間は、

自分にとって1日1日が
試練のような毎日だった。

1日1日、
自分の中で目的を設定してから
地道なトレーニングをしてきた。

その中で自分のフィールドや、
自分1人の空間をすごく大事にし、

いろいろな生活の習慣なども
変えてきた。


(五輪2大会連続銀メダル)

ちょっと悔しさは残っているけど、

自分が今できる範囲の中では
全力でやれた。


自分のスノーボードを伝えたい。

そのためにはスノーボードを
するだけじゃなくて、

いろんなメディアへの露出が必要だし、

何より自分が人として
バランスが取れていないと

ダメだと思うんですよね。


周りの人の意見も聞きながら、

自分の本心を貫くには
どうしていけばいいのかと考えながら、

コミュニケーションを
取るようにしています。


スポンサードリンク




嫌なものは
自分が知らないからこそ
嫌なのであって、

それを良い方向で
吸収することは

可能なのかなと
考えるようになりました。


初めて海外の試合に出る
日本人選手は、

すごい不利というか、
平等ではない部分があると感じたり、

悔しい思いをすることが
ほとんどだと思います。


(2020年東京五輪
スケートボードについて)

やるって言ったら
相当な覚悟と練習量が必要。


やりたくない事に
挑戦してきたことが多かったので、

何かやっぱり楽しい事より、
嫌なことだらけでしたね。


引退するまでは

色んなことをぶっちぎって
やっていきたいですね(笑)。


スポンサードリンク



平野 歩夢に関する書籍等

平野 歩夢・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter