【夢を叶える名言・格言集】
福山 雅治


スポンサードリンク


福山 雅治

■福山 雅治(ふくやま まさはる)
1969年2月6日生まれ。
長崎県長崎市出身。
身長:181cm、血液型:O型。
歌手、俳優。

1990年 シングル「追憶の雨の中」
 でデビュー。
以降、「桜坂」「HELLO」
「IT’S ONLY LOVE」
などヒット曲を多数リリース。

俳優としても、ドラマ
『ひとつ屋根の下』『ガリレオ』
『龍馬伝』などに出演。

福山 雅治・名言


感動というものが
どこから生まれるかというと、

チャレンジからしか
生まれないと思うんですよね。


瞬間的に一生懸命やったりとか

そういうことができる人は
多いんですけど、

それを続けることができる人は
案外少ないんです。


自分のイメージを
具現化するためには、

スキルを上げていくしかないんだって
ことだけはわかってました。


何がやりたいかはわからなくても、

やりたくないことだけはわかっていた。


僕にはこう見られたいという

考えがなかったんです。


目標や目的があれば、

自分の弱さにも向き合える。


スポンサードリンク




成功する人の特徴は一言でいうと

「しつこい」。


目の前のことを
コツコツこなしていくと、

いつか大きなものが叶う。


僕の中のゴールとは
通過点であって、

そのゴールの向こうに
またゴールがあって。


準備万端だから、経験があるから
絶対にうまくいくっていう

保証のないのが人生。


やさしさとは、
優しくしたいと思う気持ち。

それが優しさなんじゃないかなと。


思いやりとは、その相手の立場に
立って考えてみること。

それを実際に言葉にしてみたり、
行動に移すこと。


スポンサードリンク




人に対して期待しすぎた結果、

がっかりするということが
以前は多々あったような気がします。


本当に大切なのは間違った時に
どうするかということ。


生きるとは、人の役に立つこと。
人に喜んでもらうこと。


人間ね、上を見ていれば
怖いことは何もないんですよ。

下を見るから
落ちるような気がするんですよ。


仕事がないと、仕事がないから
不安なんじゃなくて、

自分というものが必要とされてない
感じがするから不安なんだと思う。


プレッシャーを感じることを
あえてしていかないと、

人間成長しませんから。


スポンサードリンク




楽しんでやるって、
すごく大事なことなんだなと。

人を楽しませることが
仕事だと思って、

楽しませようと思って
生きているんですけど、

自分が楽しむことが、
人を楽しませることに
つながるんだって。


ツアーでホテルのスイートを
用意されても、
冷蔵庫の中のものは飲まないで、

必ずコンビニに寄って
水を買って帰る(笑)。

僕は新聞配達をして
小遣い稼いでた子どもでしたからね。


自分が思い描いた夢の通りに
進まなかったからといって

その夢をあきらめることなく、

夢は何度見ても、何度さめても、
また歩き出すんだという思いは、

今も変わっていない。


スポンサードリンク



福山 雅治に関する書籍等


福山 雅治・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




名言を投稿