【夢を叶える名言・格言集】
石原 良純



叔父である
石原裕次郎さんから

もらったアドバイスは
たった2つ。

「時間を守れ」
「挨拶をちゃんとしろ」。

スポンサードリンク


石原 良純

■石原 良純(いしはら よしずみ)
1962年1月15日出身。
神奈川県逗子市出身。
血液型:A型。
タレント、気象予報士。

父は石原慎太郎。
叔父は石原裕次郎。
兄は石原伸晃。

1982年 石原裕次郎が社長を務めていた
 石原プロモーションに入社。
1989年 石原プロを退社。
1997年 「★☆北区つかこうへい劇団」
 に入団。
1997年 気象予報士を志し合格。
バラエティー、ドラマ、映画、CMなど、
数々の作品に出演。

石原 良純・名言


つまらないと感じる事こそ

楽しむ。


何事も積極的に
取り組むだけで

感じ方が変わるはず。


叔父である石原裕次郎さんから
もらったアドバイスはたった2つ。

「時間を守れ」
「挨拶をちゃんとしろ」。

当時の僕は、
面白みがないと思いました。

でも、実際に仕事を
続けていくうちに、

その重要性を
しみじみと感じました。


時間を守ることは、
毎日気をつけています。

1回遅刻をしたら

すぐに信用を失うことに
なるでしょうから。


「真っ当に生きる」ということ。

真っ当に生きる、
という言葉は

辛気臭く感じるかも
しれませんが、

普段から、

礼儀や行儀を
きちんとすることが大切。


苦手な人と話す。
興味を持てないことも学ぶ。

停滞かのように感じる
無駄な時間こそが、

自分の世界を広げる
チャンスになる。


スポンサードリンク




幅広い友人を作ることは大切。

仲のいい親友と
出会うのも大切だが、

ライバルとなる存在も重要。


「天知る、地知る、我知る」です。

ずるいことをすれば、
他人にはばれなくとも「我知る」。


現代社会に生きているだけで、
いろいろストレスはあるが、

それは、気の持ちよう。

僕のモットーは
「何をやるにも楽しく」。


テレビの現場では、
作り手が楽しければ

テレビを観ている人も
楽しいと僕は信じている。


人間は、
自然と一体化したいもの。

だから、山歩きをしたり
海に行ったりする。


山や海に行けない時には
どうすればいいかと言えば、

一番身近な大自然、
「空」を見上げよう。


山よりも高く海よりも広い、
青空を見上げるだけで、

100km先まで
見通せることになる。


スポンサードリンク



石原 良純に関する書籍等


石原 良純・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




名言を投稿