【夢を叶える名言・格言・卒業文集】
北島 康介


スポンサードリンク


北島 康介

■北島 康介(きたじま こうすけ)
1982年9月22日生まれ。
東京都荒川区出身。
身長178cm、体重72kg。
血液型:B型、水泳選手。

2000年 シドニー五輪に初出場し、
 4位に入賞。
2004年 アテネ五輪、
 100m・200m平泳ぎで金メダルを獲得。
2008年 北京五輪、
 両種目で金メダルを獲得し、
 日本人初となる2種目2連覇を達成。
2016年 現役引退。

北島 康介・名言


心の奥が燃えないと戦えない。


普段から、自分がガッツポーズして

喜んでいる姿とかをイメージしている。


逃げ出さずにやり続けること!

一つのことを
がんばり続けることだと思います。


出場したことで満足するのか、
メダルを獲ったことで満足するのか、

その基準をどこに設定するかによって、
“その後”が大きく変わってくる。


僕らにとっては、
オリンピックしかないんですよ。

普段の生活であれだけの
興奮を味わえることって、

まずあり得ませんから。


競技をしてると
成功の方が少ないんだよね。

失敗を重ねないと
強くなれないのは当然。

失敗は当然。


スポンサードリンク




いつまでも子供の気持ちを
忘れちゃいけないんだと思う。

運動会に行くあのワクワク感とか、
それはどんな舞台でも

試合に行く感覚と一緒だから。

少しでもひねくれると何でも
物事面白くなくなってくると思うし。

それが今のプロとしての
僕の今の生き方だと思うんで。


「好きだ」っていう気持ちを
忘れないことでしょうか。

夢に向かってがんばるなか、

つらいことや、苦しいことがあって、
途中で挫折して、

あきらめたくなることも
あるかもしれません。

一つのことを続ける、ということは
なかなか難しいと思います。

ただ、好きなことなら、
ずっと続けてもらいたい。

そして、
そこに夢があるのなら最後まで
やり通してもらいたいと思います。


周りの人からは「究極の負けず嫌い」と
よく言われましたけどね(笑)。


振り返ってみると、オリンピックで
金メダルを目指している時は、

毎日の練習が本当にきつかった。

僕たちアスリートは、
それを乗り越えていく。

だけど、なんでこんなにきつい
練習をやっているんだろう?って、

やっぱり思うんですよね。

練習は華やかな世界とは
まったく別の場所。

単調ですし、正直言って

『本当に意味あるのかな……』と
思うことだってある。

だけど、たくさんの人が
自分のために動いてくれている。

手を抜くことは決してできない。


スポンサードリンク



北島 康介・夢を叶えた卒業文集


「最後に残した三十六.三」

ぼくは水泳をならっている。
速くなろうとしている。

そして、大きな夢を持っている。

それは速くなって、
国際大会でメダルを取り、

日本の代表選手に選ばれて、
オリンピックに出ることだ。

その夢にむかって一歩一歩
近づいていきたいと、

ぼくは毎日プールに行って
泳ぎ続けている。

でも学校のプールは少しちがう。
学校のプールはまず

速く泳ぐことだけではない。
そして速くなることでもない。

自分の身を守るためであるということを
ぼくは頭にたたきこんでいる。

もちろん速くなり自分のベストを
つくしていい結果が生まれれば、
それはいいと思う。

もしそうでなかったら、
水泳はとても不思議なスポーツである。

ぼくはこの六年間で
このようなことを勉強したのだ。

「三十六.三」
この記録は小学校最後の記録会で
出したタイムだ。

きっとずっとずっと心に残る
僕のタイムだと思う。

今まで速く泳げるようになれたのは、
この学校のプールがあったからであり、

速く泳ぐことだけでないと
いうことを知ったのも、

この学校のプールがあったからだ。

自己ベストよりおそいけれども、
ぼくはこのタイムに

一つの不満ももっていない。

それは、
ぼくにとってとても楽しかった

学校のプールで出した
大切なタイムだからだ。


スポンサードリンク



北島康介に関する書籍等


北島康介・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter