【夢を叶える名言・格言集】
ビートたけし(ページ1)


スポンサードリンク


ビートたけし

■北野 武(きたのたけし)
1947年1月18日生まれ。
東京都足立区出身。
血液型:O型、お笑いタレント。

1965年 明治大学工学部へ入学。
1972年 ビートきよしとともに
 ツービートを結成。
1981年 お笑い番組
 「オレたちひょうきん族」がスタート。
以降、映画監督「北野武」としても活躍。

ビートたけし・名言

>>ビートたけし・名言02ページ


日本人はどうしても、
人がやってくれるのを待つんだね。

でも、自分で動かない限り、
やっぱり周りは動かないんだ。


「幸せ」というのは
瞬間的なものだからな。

その瞬間的な幸せを得るために、
永続した苦労があるわけだから。


何のために働くのかっていうと、
生きるためだと思いますよ。

じゃあ何のために
生きるんですかって言われたら、
死ぬためでしょう。


逃げるすべばかり考えてないで、
少しは向かって行けって。


人は自分自身しか頼れない、
すべての鍵は自分の中にあるの。


振り返ればおいらの人生、
“山”あり“谷”ありだったけど、

その両方があったからこそ
今があるんだよ。


スポンサードリンク




人生を楽しみたかったら
他人に期待しすぎちゃいけないよね。


いつも不安で不安で仕方がない。
おれほど憶病者はいない。
開き直らないとむちゃできない。


ガンバってガンバって、
出来ないことが出来るようになる。

こんなワンダフルなことはないぞ。


勉強するから、
何をしたいか分かる。

勉強しないから、
何をしたいか分からない。


数学は哲学です。
すべての事象・物事は
すべて数字で説明できます。

生きるもの全ては
数字に支配されている。


ワールドカップを観ていて
相変わらず「感動をありがとう」

なんて言ってるやつは
もうてんで駄目なんだよ。

ほんとうの感動は、
やった奴しか分からない。


スポンサードリンク




最後まで押し通せなかったら
やさしさではない。

途中でくじけるなら
悪人になればいい。

やさしさは根性です。


作法というのは、
突き詰めて考えれば、
他人への気遣いだ。

具体的な細かい作法を
いくら知っていても、

本当の意味で、
他人を気遣う気持ちがなければ、
何の意味もない。

その反対に、
作法なんかよく知らなくても、
ちゃんと人を気遣うことができれば、
大きく作法を外すことはない。

駄目な奴は、
この気遣いがまったくできていない。

人の気持ちを考えて
行動するという発想を、
最初から持っていないのだ。


強さって、
鈍感さかなって思う時がある。

あの人は強いから
全然くじけないっていうけど、
それは鈍感なんじゃないかって
思う時あるね。


昔から「運も実力のうち」なんて
言葉があるとおり、

おいらも所詮人間の成功なんて
運があるかどうかに尽きると思ってる。


結局、人には持って生まれた
その人なりの生き方というものがあって、

他人が変えられるものじゃないんだね。
どれがいいというんじゃない。

おいらにはおいらの生き方があって、
方向を変えるわけにはいかないんだよ。


まだまだ新しいこと
やってみたいんだよね。

自分はこうなりたいって思う、
その気持ち、俺はごまかさない。

それは自分を変えるチャンスだから。
明日を変えるのは、今日の自分なんだ。


スポンサードリンク




芸人っていうのはプレッシャー
なくなったらダメになるんだよね。

舞台慣れしてくると、
本人はおもしろくやったつもりでも
客には新鮮味が感じられない。

余裕持っちゃったらダメ。
プレッシャーはいやなもんだけど、
それがまた快感に変わるんだよ。


オレはまだまだ変わっていくよ。
ドキドキしたいからね、自分に。

>>ビートたけし・名言02ページ


ビートたけし・著書


ビートたけし・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter