【夢を叶える名言・格言集】
小平 奈緒


スポンサードリンク


小平 奈緒

■小平 奈緒(こだいら なお)
1986年5月26日生まれ。長野県出身。
身長:165cm、体重:61kg
スピード スケート選手。

2001年(中学2年時)に
全日本ジュニア(スプリント部門)で
史上初の中学生王者に輝く。

2010年バンクーバー五輪
チームパシュート 銀メダル。
1000、1500m 5位。

2014年ソチ五輪
500m 5位、1000m 13位。

2017年世界距離別選手権
500m 金メダル、1000m 銀メダル。

2018年ピョンチャン五輪
500m金メダル、1000m銀メダル。

小平 奈緒・名言


日々自分超え。


五輪は強い人がやっぱり強い。


大事なのは決して振り回されない
自分の強い気持ち。


私が選んだ道。


ゴールの先にある景色を楽しみたい。


与えられるものは有限、

求めるものは無限。


スポンサードリンク




明日死ぬかのように生きよ。
永遠に生きるかのように学べ。
(座右の銘)


1%の上積み。

自己ベスト36秒75の1%(0秒36)
を短縮できれば、

36秒36の世界記録の更新も近い。


"勝てなかった時でも、
勝者のように振る舞え"

とコーチに言われました。


オランダではレース前に

「相手を殺していけ」
という言葉を使う。

最初はそんなの無理って思ったけど、

聞いているうちに
何となく自分にもできるかもって。

言葉自体は好きではないが、

それぐらい相手と
戦うってことなんだなと。


レース10分前ぐらいに

自分のリズムを作りながら
顔が怖くなっていく。


日常生活では
24時間スケートを考えている。

休むことも友達と話すことも
突き詰めればそこにつながる。

磨き上げた自分自身を
五輪に持っていきたい。


スポンサードリンク




金メダルをもらうのは
名誉なことですが、

どういう人生を生きていくかが
大事になると思う。


(平昌五輪1000m銀メダル)

ベストの滑りができれば
2番でも3番でもいいと言っていたのに、

終わってみたら悔しい思いが出た。

それは何だろうと考え、
自分の中で語り合った。

答えは、ベストを尽くした
つもりだったけれど、

まだできるんじゃないかと
思ったことが

悔しさだろうということ。


スポーツは国境を超えて、

友情を育むのにいいもの。


すべての選手が
フェアに全力を尽くしてこそ

満足な結果が出る。


アスリートは常に自分を高め、

最高のパフォーマンスを
追い求めていくもの。


選手としてのピークなのか
という考えや基準は、

自分軸の中にはないんです。

常に高みを
目指していけるからこそ、

今もこうして現役を
やれているのだと思います。


スポンサードリンク




自分の生き方とは、

目の前の人生を好きな方向に
一歩ずつ進んでいくこと。


進むべき道を自分で選択してきた。


本当にこうしたい、
スケートをより高めたいといった、

心の芯にあるものに
忠実に従って動いてきた。


自分が選んだ道を
歩んできたからこそ、

ゆっくりだけど着実に
自分の成長を

自分自身で
確かめてこられました。


スポンサードリンク



小平 奈緒に関する書籍等


小平 奈緒・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




名言を投稿