【夢を叶える名言・格言集】
栗城 史多


スポンサードリンク


栗城 史多

■栗城 史多(くりき のぶかず)
1982年6月9日生まれ。
北海道瀬棚郡出身。
血液型:A型、登山家。

大学山岳部に入部してから登山を始め
6大陸の最高峰を登り、
8000m峰4座を無酸素・単独登頂。

2009年 「冒険の共有」としての
 インターネット生中継登山を始める。
2018年5月21日 エベレスト下山中に
 低体温症で亡くなった。

栗城 史多・名言


夢を持ち、
否定されても気にしない。

壁がきたときこそが、
チャンスなんだ。


できるか、
できないかではなく、

やりたいか、
やりたくないか。


成功する確立。
それがなんの役に立ちますか?


できるかどうかわからないことに
挑むからこそ、

達成することに価値を感じられる。


絶対に成功する
と思い続けた者だけが成功する。

思い続けられれば、
それだけで成功者だ。


はじめから開かれている道ほど、
つまらない道はない。


スポンサードリンク




大切なのは
師匠や先輩がいることだと思う。

そういう人達に自分自身を
客観的に見てもらうこと。


少しずつ、小さなことを
続けることが大事だ。

どんなに苦しいことでも、
楽しんでやっていく。

そうすると、
いつかチャンスがやってくる。


どんな山でもどんなチャレンジでも、
そこには絶対に学びや成長があるから。

それが楽しいのだと僕は思う。


多くの人は
「僕はここまでしかできない」と、
自分の限界を過少評価する。

だから本当は自分の限界が
もっと先にあるのに、
そこへ行かないまま終わってしまう。


長く生きられたかどうかは関係ない。

大切なのは今、どう生きるかだ。


私が登頂できずに
下山して帰ってくると、
周りからは「失敗した」
って言われるんです。

でもそれはちょっと違います。

成功の反対は失敗ではなく、
本当の失敗とは「何もしないこと」。


スポンサードリンク




僕は何か目標や夢を持っても、

「自分にはきっとここまでしか
 できないだろう」と考え、
いろいろな壁を感じていたと思う。

けれども、
「意外とそういうのは自分の頭のなかで
勝手につくっていたんだ」と。


僕は頂上に着くとよく泣く。
嬉しいからではない。

それだけ苦しかったから
泣くことができるということだ。

苦しみと喜びは
振り子のようになっている。

「こんなに苦しいから最悪なんだ」
ではない。

それほど苦しいということは、
そのぶん、喜びがその先に
待っているということだ。

だから
苦しいまま終わらせてしまうのは
もったいないと思う。


誰かが最初にやると、
人類は一気に進化する。


何かに挑戦すると、
それを誰か見ている。


スポンサードリンク



栗城 史多に関する書籍等


栗城 史多・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter



関連記事・広告



名言を投稿