【夢を叶える名言・格言】
ブランドン・レアード



大事なのは

上手くなりたい気持ちを
持ち続けること。

スポンサードリンク


ブランドン・レアード

■ブランドン・レアード(Brandon Laird)
1987年9月11日生まれ。
アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。
身長:185cm、体重:98kg。
野球選手。

2007年 ニューヨーク・ヤンキースから
 MLBドラフト27巡目指名を受けて契約。
2011年 メジャーデビューを果たし、
 11試合に出場。
2012年 ヒューストン・アストロズに移籍。
2013年 カンザスシティ・ロイヤルズ
 とマイナー契約を結ぶ。
2014年 北海道日本ハムファイターズ
 と契約。
2019年 千葉ロッテマリーンズに移籍。

ブランドン・レアード・名言


学んだことは
忍耐強くあること。

そのことによって、

アメリカ時代より
一段と向上して、

いい打者になれたんじゃ
ないかと思う。


技術的なことは
あまり深く気にはしていない。

ボールとのタイミングが
合っていれば、

自分の一番いい
スイングができる。


プロでもアマチュアでも
やることは変わらない。

僕は今でもずっと
同じことをやり続けている。


大事なのは

上手くなりたい気持ちを
持ち続けること。


チームのために仕事をして、

一日一日しっかりした
打撃を心掛けて、

1試合1試合頑張って、

そうやって数字は
ついていくんじゃないかな。


自分自身は

良いバッターという
気持ちを持ちながら

いつも打席に入っている。


スポンサードリンク




開幕戦の朝は
気持ちを高めるために

キレイな服装で
球場に行くことだね。

襟つきのパリっとした
シャツを着ていくんだ。

人ってちゃんとした

服装をすると気分が
上がるでしょ? 

それだよ。


相手の失投を

絶対に逃さないよう
集中する。


試合前の打撃練習では、

その時の自分の課題を
しっかりと意識しながらやる。


自分はマイナーにいた頃から
打撃が持ち味だと思っていたし、

メジャーでも活躍できる素質を
持っていると信じていた。

とにかく

「メジャーでの打席が欲しい」
「チャンスが欲しい」

と思いながらプレーしていた。


スポンサードリンク




ブランドン・レアードに関する書籍等


ブランドン・レアード・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter



関連記事・広告



名言を投稿