【夢を叶える名言・格言】
槙野 智章



最初から閉ざしてしまえば、

そこから成長はない。

スポンサードリンク


槙野 智章

■槙野 智章(まきの ともあき)
1987年5月11日生まれ。広島県広島市出身。
身長: 182cm、体重: 74kg。
血液型:O型、サッカー選手。

小学校1年からサッカーを始め、
サンフレッチェ広島のジュニアユース、
ユース、トップチームと昇格を重ねて
プロデビュー。

広島のトップチームで5年間プレーし、
2010年Jリーグベストイレブン、
フェアプレー個人賞を受賞。

2011年ケルンへ移籍し、
ドイツ・ブンデスリーガでプレーする。

2012年浦和レッズでJリーグに復帰。
2018年に女優の高梨臨と結婚。

槙野 智章・名言


どれだけ年齢を重ねても、

モチベーションさえ失わなければ
成長することができる。


小さな頃からの夢を叶えて、

今まさにその真っただ中に
いるわけですから、

今を楽しまないといけないですよね。


自分の中では、

『ユースに上がる=プロになる近道』
だと考えていましたから。


最初から閉ざしてしまえば、

そこから成長はない。


危機感は常に感じていますよ。

たくさん失敗してきましたし、
挫折も味わったから。


試合に出られないことは
悔しかったけれど、

落ち込むのではなく、
むしろ毎日が勉強だと考えていました。


スポンサードリンク




普段の練習や試合の中で、

どれだけ高いモチベーションと
意識でやれるかだと思います。


自分が好きなサッカーを
仕事としているわけですから、

それを存分に楽しみたい。


ジュニアユースでは
コンビニ禁止令が出ていたので、

コンビニにも行きませんでしたし、
菓子パンなんかも食べたかったけれど

我慢しました。


小学校時代は
とにかくボールに触ること。

あれだけ毎日ボールを蹴っていた
自分でも、今になって

「もっとやっておけばよかった」
と思う。


サッカー界だけに縮こまらないで

いろんな業種、いろんな職種の人と
接することで

一人の人間として幅を広げようって
いうことをすごい教えてもらった。


スパイクの手入れは、
絶対自分でやります。

試合前に絶対に磨きます。

それをしないと
気持ち悪くて履けないですね。

小学生の頃からやっています。


スポンサードリンク




『ただのサッカー選手で
終わりたくない』

というモットーを持っているんです。


2018年は
自分の夢でもあるW杯イヤーですし、

国内のタイトルを獲らなきゃいけない。


「できないこと」があることに

喜びを感じる。


地道な作業から
やっていかないと実らない。

楽して近道するよりも、
地道にやるほうが

僕には合っている。

2018ワールドカップ ロシア大会


"コロンビア戦試合後のインタビュー"

いいゲームをしたし、
いい結果を出せた。

まわりにも、
最初は期待してもらってなかった。

1つ勝って手のひら返したように
ワーってなっていることに、

みんなが逆に驚きもある。

僕たちは勝つために、
突破するために来たし、

もっといいサプライズを
起こせるように。

1つ勝っただけで
浮かれていられない。


スポンサードリンク




槙野 智章に関する書籍等


槙野 智章・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




名言を投稿