【夢を叶える名言・格言集】
満島 ひかり


スポンサードリンク


満島 ひかり

■満島 ひかり(みつしま ひかり)
1985年11月30日生まれ。
沖縄県沖縄市出身。
身長:162cm、血液型:A型。
女優。

1997年 沖縄アクターズスクール出身の
 ダンスボーカルグループ・Folder
 としてデビュー。
1997年 映画『モスラ2 海底の大決戦』
 で女優でデビュー。
以降、ドラマ、映画、CMなど、
数々の作品に出演。

満島 ひかり・名言


わたし自身を解放したものが
1つずつみんなに

受け入れられるっていう
現状はとてもうれしいです。


書くことって、
心にたまっていたものを

ポイッと捨てられる感じがして
好きなんです。


モノを買うときに重視するのは、
相性です。

愛し合えるかどうか、
そのモノと私が。


私は、産まれた日から
生きることを頑張っています。

そして、自分自身ととことん
向き合っています。

「あんた、本当にそれでいいの?」
って、毎日問いかけている。


「私はこう」と宣言した時、
それが本当に今宣言しているのか、

未来の自分を思い描いて、

まるで今そうであるように
宣言しているのか、

かつての自分の希望の中から
言葉を放っているのか、

といったチョイスがあります。


結局、全部自分でしかないので、

自分が日常で成長することを
心がけるようにはしてますね。


スポンサードリンク




唯一、他人よりも優れているかも
しれないと思えるのが

何かを"感じ取る"
ということなんです。


この役の人が見ているのは
どういう世界なのか、

この人はこの道を私とは
どう違う気持ちで歩くんだろうか、

とかいろいろ想像もします。


この頃、今日が来た瞬間、

昨日がなくなるような
感覚を持って過ごしている。


いつの時代も、

女は男への甘え方が
へたくそで、

男は女の愛し方を
知らないんだなあと。


スポンサードリンク



満島 ひかりに関するDVD等


満島 ひかり・一覧
【楽天】 【Amazon】
Amazon.co.jpアソシエイト

LINE/Twitter