【夢を叶える名言・格言集】
向 翔一郎



東京五輪に出場できるのは、

誰よりも強い執念を持った人。

スポンサードリンク


向 翔一郎

■向 翔一郎(むかい しょういちろう)
1996年2月10日生まれ。
富山県高岡市出身。
身長:178cm、階級:90kg級。
血液型:B型、柔道家。

2018年 グランドスラム・パリ 優勝
2018年 グランプリ・ブダペスト 7位
2018年 講道館杯 3位
2018年 グランドスラム・大阪 優勝
2019年 グランドスラム・パリ 5位
2019年 体重別 優勝

向 翔一郎・名言


越えなきゃいけない壁は

まだたくさんある。


自分の今の力はこの程度。

成長しなきゃいけない。


負けたら

東京オリンピックはないと
覚悟していた。


人生を懸けるぐらいの気持ちで

柔道に取り組む。


倒す敵と言うより、

切磋琢磨し合えるライバル。


東京五輪に出場できるのは、

誰よりも強い執念を持った人。


スポンサードリンク




目指してるのは

勝つ時も負ける時も、
豪快。


柔道でご飯
食べさせてもらってるし、

恩返しとか唯一の
親孝行をできるのが柔道。


社会人になると、

質にこだわる練習をする
選手が増える傾向にありますが、

私は初心にかえるつもりで、

「量」で「質」を凌駕して
やろうと思っています。


ベイカーさんに勝って

日本代表にならないと
意味がない。

東京五輪代表になるまで
喜んでいられない。


1人になった時、

仲間が必死に
自分を守ってくれた。

みんなに支えて
もらいながら

柔道をしているんだ
ということが分かった。

ありがたく感じた。


みんなから信頼をもつ

柔道家になりたい。


強いまま終わりたい。


スポンサードリンク



向 翔一郎に関する書籍等


向 翔一郎・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




名言を投稿