【夢を叶える名言・格言集】
長岡 望悠


一緒に戦わせてもらった
たくさんの仲間、

スタッフとの出会いと
積み重ねてきた時間があって
今の自分がいます。

スポンサードリンク


長岡 望悠

■長岡 望悠(ながおか みゆ)
1991年7月25日生まれ。
福岡県みやま市出身。
身長:179cm、体重:64kg。
血液型:A型、バレーボール選手。

ジャンプ力がすごく最高到達点は310cm。
バックアタックも得意。

2010年 久光製薬スプリングス選手。
2012年 全日本代表メンバーに選出。
2012年 プレミアリーグ6年ぶり優勝。
 自らもMVP・ベスト6。

2013年 第62回黒鷲旗大会優勝に貢献。
2014年 ワールドグランプリ銀メダルに貢献。
2015年 ワールドカップで
 サーブランキング2位。

長岡 望悠・名言


一緒に戦わせてもらった
たくさんの仲間、

スタッフとの出会いと
積み重ねてきた時間があって
今の自分がいます。


すべてにおいて
目標のために意識を変えて

自分で全部管理しながら
やっていかないと

高いレベルでは
やっていけない。


世界と戦う上で
世界と同じようにやっていても
勝てない。

いろんな方法があるし、
いっぱい可能性があるので、

どんどん考えてトライして
武器にしていけるように
磨いていきたい。


バレーは落とさなければ
負けないスポーツ。

どのスポーツも
そうかもしれないですが、

点数に見えない部分も
いっぱい関係してくると思うので。

無限大にある
得点につなげる可能性を
追求していきたいです。


1本に集中することに
本気を込める。

追い込まれたときに
その1本に集中することがすべて。

だからこそ
日々の積み重ねが大事だし、
きょうもその一日。

それを自分が
しっかりやりきりたい。


バレーが好きだったので、

高校生の頃からずっと
ぶっ続けでバレーボールに
打ち込んできた。

スポンサードリンク




自分には何かができる
という力はないですが、

でも、「自分の本気」には
絶対負けたくないというか、

本物にしたい。


見に来てくださる
ファンの方やお客さんの前で、

プロの集団として
ふさわしい戦いをして、

より多くのものを
感じていただけるよう
頑張ります。

スポンサードリンク




長岡 望悠に関する書籍等


長岡 望悠・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter