【夢を叶える名言・格言集】
中村 天風


スポンサードリンク


中村 天風

■中村 天風(なかむら てんぷう)
1876年7月30日 - 1968年12月1日
東京都北区王子生まれ。
実業家。

日露戦争の軍事探偵として活躍。
当時、死病であった肺結核を
発病したことから人生について深く考え、
真理を求めて欧米を遍歴。

有名な学者や識者を訪ねるが、
答えを見つけられず、
帰国する途中にインドのヨガ聖者と出会う。

そのまま彼の弟子となり、
ヨガ哲学の指導を受け、病を克服。

帰国後「心身統一法」を説き、
多くの著名人から支持され
“天風哲学”として広く世間に
認められるようになる。


中村 天風・名言


習慣づけなさい。

習慣は第二の天性。


人の落ち度は、
許すより忘れてしまえ。


事業をしている人、
その心に信念があるか。


人としてこの世に生まれて

一番大切なことは、
人に好かれる人間になることだよ。


持たなくてもいい重い荷物を、

誰に頼まれもしないのに
一生懸命ぶらさげていないか。


人生は生かされてるんじゃない。

生きる人生でなきゃいけない。


スポンサードリンク




やれ運命がつまらないの、
人生がつまらないのって人は、

その考え方がつまらない。


笑っているとき、人間は最も強い。


本当は心の力によって、
いかようにも人生は好転させられる。

運命は自分の力で切り拓ける。


幸福や好運は、

積極的な心持ちの人が
好きなんです。


運が向こうから、

皆さんのほうへ お客のように
来るんじゃないんですよ。

すべての幸福や好運は、
自分が呼び寄せなければ
来やしないんです。


運命には二種類ある。

どうにもしようのない運命を
天命と言い、

人間の力でうち開くことの
できるものを宿命と言う。


スポンサードリンク




人間が人間として生きていくのに
一番大切なのは、

頭の良し悪しではなく、
心の良し悪しだ。


運命だって、
心の力が勝れば、

運命は心の支配下になるんです。


明日に死を迎えるとしても、
今日から幸福になって遅くないのです。


どんな名医や名薬といえども、

楽しい、おもしろい、うれしい
というものに勝る効果は絶対にない。


力を入れることに重点を置かずに、
力を働かすことに重点を置く。


喜びのないところには、

本当の生きがいのある
人生というものがない。


スポンサードリンク




生きる正しい法を知って生きたら、

人生ぐらい愉快な、
人生ぐらい恵まれた、
人生ぐらいありがたい

ものはないんです。


「こうあればいい」
という理想を説くのではなく、

「こうすればいい」
という具体的な実践方法が大切。


一度だけの人生だ。
だから今この時だけを考えろ。

過去は及ばず、
未来は知れず。

死んでからのことは宗教にまかせろ。


絶対に消極的な言葉は使わないこと。
否定的な言葉は口から出さないこと。

悲観的な言葉なんか、断然もう
自分の言葉の中にはないんだと

考えるぐらいな厳格さを、
持っていなければだめなんですよ。


意志の力の強いっていうのと、
強情っぱりと同じにしてちゃあだめだ。

強情っぱりっていうのと、
意志の力はぜんぜん違うんだよ。

乱暴と勇気が違うのと同じようにね。


船に乗っても、
もう波が出やしないか、
嵐になりゃしないか、

それとも、
この船が沈没しやしないかと、

船のことばかり考えていたら、
船旅の愉快さは何もなかろうじゃないか。

人生もまたしかりだよ。


スポンサードリンク




良い運命の主人公になりたかったら、
心の中に感謝と歓喜の感情を持つことだ。

感謝と歓喜に満ちた言葉と好意は、
人生の花園に善き幸福という実を結ぶ。


数ある同僚の中から
ぬきんでて偉くなる人は、

結局、偉くなるべき
資格をもっているんです。

その資格とは、

「誰にも言われなくても、
日々毎日、実際に努力している」

ことなんです。


常に善良な言葉、
人を勇気づける言葉、
人に喜びを与える言葉
っていうような、
言葉のみを使っている人、

そういう人は心がけなくても、
人に幸福を分けている人だよ。


偉くなる人とそうならない人と、
差が出てくるかっていうと、

同じ話を聴いても、
聴き方、受け取り方が
全然違うからなんです。

受け取ったことを自分の人生に、
どう応用していくかという
ことだけの差なんです。


お前の頭の中に、
何が描かれているか当ててみようか?

それはお前が失敗して、
しょんぼりしている哀れな姿だろう。

そんな絵は消してしまいな!

おまえが、堂々と相手を説得して
「大成功」
というシーンを描くのだよ、

そうすれば仕事もきっとうまくいく。


苦労したり、悩んだり、
人を憎んだり、恐れたり、
悲しんでるとき、

気持ちいいですか。
あんな嫌な気持ちはなかろう。

その嫌な気持ちをなぜ心にさせるんだ。
喜ばせてやれ。


スポンサードリンク




自分の成功や幸福のことよりも、
他人の成功や幸福を願い、

かつそれに向けて
まい進していけば、

いつの間にか、
自分も成功と幸福を

掌中におさめることが出来るのです。


苦労には三つある。

過ぎ去ったことを
思い出して苦労する苦労。

たった今の人生に対する苦労。

一番いけないのが、
先の心配をする取り越し苦労。


100人のなかで
99人が間違っていても、
間違いは間違いなんです。

100人のなかでたった
1人が正当を行っていれば、

数が少なくても、
正当は正当なんです。


本当の人生の幸福とは
どういう幸福だというと、
簡単なんですよ。

人生に何の悶えもないときが
一番幸福なんだ。

ああ、あれが欲しい、
これがこうなりたいというときは、
もう幸福じゃないんだよ。

ひとつの要求が出てくると、
それが満たされるまでは
少しも幸福を感じやしない。


いったん寝床へ入ったら最後、

どんなつらいこと、
悲しいこと、
腹の立つことがあったにせよ、

明日の朝、起きてから
考えることにするんだ。

寝ることと、考えることを
いっしょにしたら、

寝られなくなっちまうぜ。


スポンサードリンク




中村 天風に関する書籍等


中村 天風・一覧
【楽天】 【Amazon】
Amazon.co.jpアソシエイト

LINE/Twitter