【夢を叶える名言・格言集】
中谷 彰宏(ページ1)


スポンサードリンク


中谷彰宏

■中谷 彰宏(なかたに あきひろ)
1959年4月14日生まれ。
大阪府堺市出身。
血液型:O型、作家。

大学卒業後、博報堂に入社し
8年間CMプランナーとして
TV・ラジオCMの企画演出、
ナレーションを担当する。

1991年 博報堂を退社し
「株式会社中谷彰宏事務所」を設立、
フリーランスとなる。

就職手引書『面接の達人』
(通称「メンタツ」)シリーズが
ベストセラーになる。

中谷彰宏・名言

>>中谷彰宏・名言ページ2


人は、短所で愛される。


うまい役者は大成しない。
ヘタな役者が
ヘタを受け入れる時、味が出る。


ムリが可能性を伸ばす。
ムラが刺激を与える。
ムダが豊かさを与える。


もっとも相手の心に残る言葉は、
相手の名前を呼ぶことです。


迷った時には、
得にならない方を
選べば間違いない。


草野球でフォアボールを
選ぶことほど、
つまらないものはない。

人生においては
ホームランか三振しかないのです。


スポンサードリンク




すべてのことを合理的に、
計算でピッタリ
合うようにやっていたら、

その人はそこで
止まってしまうんです。


みんなが口をそろえて
「やめておくべきだ」という事は、
ぜひやるべきだ。

みんなが反対するのに、
それでもなお、
あなたは迷っているわけです。

あなたの中に、
かなり強い熱意がある証拠です。

みんなが口をそろえて
「やった方がいい」という事は、
やらないほうがいいでしょう。

みんなが賛成するのに、
それでもなお、
あなたは迷っているわけです。

あなたの中には、
それほど熱意がない
ということなのです。


寅さんは「つらいよ」と
グチをこぼしたことがない。


選択の幅が狭くなることを、
老化と言う。


原理を知らなくても、
電子レンジは使える。

成功するには、
スイッチを押せばいい。


バンドエイドを痛くなく
はがすコツは、
ゆっくりではなく、
一気にはがすこと。


スポンサードリンク




ピンチに陥ったら、
空を指差して神様にこう言うのだ。

「たいしたことはないよ。」


結局、予定表とは、
すべて「先延ばしリスト」です。

予定表の中には
今できることがあるのに、
どうして、今やらないのですか?


人生は電話帳だ。
早く目的のページを開こう。

「ア」から読んでいると、
たどり着く前に
「シ(死)」で終わる。


フルマラソンを走る時、

三流のランナーは、
「やっと5キロ…」と
スタートからの距離を
考えて走ります。

二流のランナーは、
「あと40キロ…」と
ゴールまでの距離を
考えて走ります。

一流のランナーは、
スタートからの距離も
ゴールまでの距離も
意識しません。

常に5キロをマイペースで
走ることだけを
考えています。

どんな長い距離も
5キロの積み重ねなのです。

長い人生も今日という一日の
積み重ねなのです。


完成したものは滅びるのみです。
完成の途上にあって
完成を目指すものは、
永遠に滅びないのです。


面白いから
一生懸命やるのではない。
一生懸命やるから、面白いのだ。


スポンサードリンク




ドアは閉めるためではなく、
開けるためにある。


海では溺れるよりも、
体温が下がることで死んでいく。

絶望が体温を奪い、
希望が体温を上げる。

>>中谷彰宏・名言ページ2


中谷彰宏・著書


中谷彰宏・一覧
【楽天ブックス】 【Amazon】

LINE/Twitter