【夢を叶える名言・格言集】
岡本 圭人



俺には、
今が一番大事なの。

将来は「今の連続の先」に
あるものだからね。

スポンサードリンク


岡本 圭人

■岡本 圭人(おかもと けいと)
1993年4月1日生まれ。
東京都出身、血液型:O型。
Hey! Say! JUMPのメンバー。

2007年 Hey! Say! JUMPの
 「Ultra Music Power」でCDデビュー。
2011年 『3年B組金八先生ファイナル』
 で俳優デビュー。
2012年 上智大学国際教養学部に合格。
2014年 『ファーストクラス』
 で連続テレビドラマ初出演。
2018年 アメリカに2年間留学のため、
 グループおよび芸能活動を休止。

岡本 圭人・名言


きっと辛い出来事も

何かしら得になってる。


俺にとって悩むって事は
自分を奮い立たせたり、

また新しい目標に
立ち向かうための原動力。


いい意味でも悪い意味でも、

自分を特別だと思った瞬間に
アイドルは終わり。


他人の心の痛みや
過去のトラウマは

どう頑張ってもわからない。

でも自分に置き換えて
想像することはできる。


俺には、
今が一番大事なの。

将来は「今の連続の先」に
あるものだからね。


オレ、JUMPでホントに
よかったなって思う。

イギリスから日本に
帰ってきたばかりで

友達も誰もいなかった時、

いつもそばにいてくれたのは
メンバーだったから。

いい時も大変な時も
ずっと一緒。

単なる友達でも
仕事仲間でもない

特別な存在なんだ。


スポンサードリンク




たとえ恋人が
できたとしても、

家族やメンバーや友人より
優先するって言うことは

あり得ない。


ファンの方の顔が

僕たちの側から
はっきりと見えるし、

見えたことで喜んでくれると、
こっちもまた嬉しくなる。


ライブは頑張ってきた事が

成果になっている事を
確認できる場。


自信のある言葉は、
この先でいい。

今はもがいて、
メンバーに追いつきたいんだ。


本当にこのグループが
好きなんだなっていうふうに、

今日思った。

アメリカで1人で
行くっていう留学の件で、

いろんな人に
迷惑かけたと思うし、

結構みんなにも
びっくりさせたと思うけど、

なんかその分、
好きだからこそ、

Hey!Say!JUMPの力に
もっとなりたい。


僕がメンバーに
してもらったことを

考えれば、
僕は何も返せていない。

だから、もっともっと
前へ進まないとって。


スポンサードリンク




メンバー以外の友達ができて。

ほかの世界の人たちの生活が
すごい新鮮に映って。

メンバーとあまり話さず、

その友達たちとばかり
話してた時期があって。

そしたら、
すごい怒られました。

「友達ができるのは
悪いことじゃない。

でも、お前はJUMPだろ!」って。


これだけ露出が少ないのに、
僕を応援してくれている人がいる。

カッコなんかつけなくても、
きっとファンは

一生懸命でいるかぎり、
どんな僕でも

応援してくれるんだって
信じられた。


このカメラの向こうにいるのは
ファンの人だって。

僕を愛してくれる
ファンの人達がいるって

信じられて、

そしたら
笑えるようになったんです。


辞めたら
カッコ悪いじゃないですか。

何かすごい風穴を開けたり、
爪痕を残したならまだしも、

1度も何かしらの
トップも取らずに

辞めたら逃げですよね。
逃げたくはないんで。


舞台にだって立ちたいし、
ドラマにも出たいし、

映画にも出たい。

夢なら海外の映画に出られたら
ってことも思ってます。

そのために
英語の勉強も続けてます。


この時代に、この星空の下で
億千万の出会いのある中で、

岡本圭人を見つけてくれて
ありがとう。


スポンサードリンク




多くの人を救いたい、
笑顔にしたい。

僕もそんなヒーローに
なりたいって思ってた。

でも、僕は世界を救うような
ヒーローにはなれない。

けど、せめて
僕を応援してくれる人だけは

僕以上に

幸せになってほしいって
思うんですよね。


ファンがいないと
僕は本当にただの人なんで。

その人がそこにいてくれるから、
こういう人生を歩めたわけで。

ファンがいなければ、

今ごろどこで何を
してたかもわからない。

感謝は尽きません。


社長がこんな俺を
選んでくれるのは、

俺に何かあるって

思ってくれたのかも
しれないって思って。


言ってもいいんすけど、

別に不言実行がカッコいいって
思ってるわけじゃなくて、

目標や夢を聞かれるのが
すごいイヤなんすよ。


時間にすれば、

1秒にも満たないかも
しれないけど

初めてソロをもらえた。

その瞬間は確実に
テレビに映るのがうれしくて。

メンバーからしたら
ちっぽけなというか、

ただの日常かもしれないけど、

僕にとっては大きな大きな
一歩だったと思います。


一つの夢が叶いました。

それはHey!Say!JUMPの曲を作り、
みんなで歌詞を書くことです。

10年間の思い、

僕たちなりのありがとうの
気持ちを込めて、

みんなで幸せになれたらいいな
と思って作りました。


スポンサードリンク



岡本 圭人に関する書籍等


岡本 圭人・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




名言を投稿