【夢を叶える名言・格言集】
坂口 健太郎


スポンサードリンク


坂口 健太郎

■坂口 健太郎(さかぐち けんたろう)
1991年7月11日生まれ。
東京都府中市出身。
身長:183cm、血液型:O型。
俳優。

2010年 「MEN'S NON-NO」
 モデルオーディションに合格し、
 専属モデルとしてデビュー。
2014年 映画で俳優デビュー。
以後テレビドラマ、映画などで活躍。

坂口健太郎・名言


嫌なことがあっても、
3年後は大丈夫だろうって。


性格的に、「楽しくやれているか」を

けっこう大事にするところが
あるかもしれません。


いろんなことを吸収しても
ブレないっていうのが、

やっぱり大事かなと思います。


僕も自分のこと好きなんで、

けっこう、自分のことを自分で
褒めてるんですけど(笑)。


目標とする人もいない、
というかあえて

つくらないように
している感じです。

自分が戦うべき相手は

自分というのが
近いかもしれません。


(初めての給料)

1日父親と過ごす時間にして
全部僕が出しました。

ただ給料日に父親と
遊んでたってだけなんですけど。


スポンサードリンク




今やっていることに集中して
精いっぱいやりたい。

たぶん「明日も頑張ろう」
っていうのが

300回ぐらい続いたら、
今年も終わってる。


目標に向かって一つの道を
進むのも格好いいけど、

僕の場合は夢や目標がぼんやりと
しているほうがいいんだよね。

いろいろなことができるし、
寄り道もたくさんできて

5年ほどしたら
さまざまな経験が積み重なって、

得たものの幅が
広がっていると思うから。


僕は普段から緊張しないし、
誰かに何か言われても気にせず、

平常心をキープできるという感じかな。

でも、
平常心でいようと思う時点で、

本当は普通では
ないのかもしれないけれど。


自分が帰れる場所が
必要だと思うんです。

僕も結構、親に相談したり、
仲の良い友達に話を
聞いてもらったりしていて、

それがあるからブレずにいられる。


昔小さな劇団に入ってた母親が
かなりの読書好きで、

僕に
『この本の○○が健ちゃんに似てるよ』
とか頻繁に言ってくるんです。

だから、本を読む時に自然と自分を
投影するようになったりして、

今思えば、そういうことが
影響してるのかもしれない。

演技というものをそこまで遠く
感じてはいなかったというか。


どうやっても運命は
変えられないのだとしたら、

それを相手に告げて
2人の時間を作りたい。

世界中を旅したりして。

そして2人でタイムリープを繰り返して、
もう想い残すことはないね…

という時がきたら
(ロミオとジュリエットのように)

2人で…
というのも考えるかもしれないです。


スポンサードリンク




わりと楽観的。

何が起きてもマイナスに
受け止めたりしないですし、

怒ることもないですね。

苛つくことや
モヤモヤすることはあっても、

それが怒りの
エネルギーにはならない。


経験を積むほど、
悩みは増えています。

少しずつ求められることや
責任が増えてきたと感じています。

坂口健太郎・きっかけ


中学生くらいから将来は
役者になりたいって気持ちがあって。

何からしたらいいのか分からかったし、
モデルになれば

何かのキッカケになるでしょ!
くらいの気持ちで

メンズノンノモデルに応募しました。

坂口健太郎・好きな言葉


「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

立派な人、出来た人ほど
謙虚だという意味です。

母親がこの言葉を教えてくれ、
「こういう人になるんだよ」
と言われました。

聞いた時、本当に良い言葉だなと
思ったんですよね。

先のことは分からないけれど、
僕自身、
こんな風に生きて行けたらと思います。


スポンサードリンク




坂口健太郎に関するDVD等


坂口健太郎・一覧
【楽天】 【Amazon】
Amazon.co.jpアソシエイト

LINE/Twitter




Copyright (C) 2014 名言集 All Rights Reserved.