【夢を叶える名言・格言集】
菅原 文太


スポンサードリンク


菅原 文太

■菅原 文太(すがわら ぶんた)
1933年8月16日生まれ。
宮城県仙台市生まれ。
身長:178cm、血液型:O型。
俳優。

1958年 映画デビュー。
1973年 主演映画「仁義なき戦い」が
 シリーズ化され大ヒット。
1975年 スタート「トラック野郎」
 シリーズも大ヒット。
以降、200本を超える映画に出演する。

菅原 文太・名言


日本はB級国家でいいから
誇りを持った国がいい。

少しくらい貧乏になっても、
ブータンのような幸福度
世界一の国を目指してほしいよ。


監督と俳優の関係が五分五分だったね。

俳優の意見も聞き、
無茶と思える監督の要求も
納得すりゃ、やる。

そういう意味で言うと合作なんだよな。


本来は、一人一人に
考え方と生き方があるべきなんだ。

ところが、そうはさせないように
世の中の仕組みはなっている。


生活様式を変えなくても、
みんなが使っていない
電気を消すくらいで、

原発がなくても
十分やっていけるんじゃないの。


昔から言うよ、
辺境に光があるんだと。

辺境にこそ
人間らしい暮らしがあるんだと。

辺境からの人よ、
立ち上がれということかな。


なによりも元気でいる秘訣は、
気力を持つことじゃないか。


スポンサードリンク




人間は、科学からいったん
離れてみるべきかもしれないな。

科学が進み過ぎるのは
人間にとってよくないよ。

原始生活に戻る必要はないが、
なるべく科学に頼らないで人力をつける。

単純で素朴な暮らし方を
取り戻さないといけない
時期にきているのだと思う。


うまいものばかり
食べてちゃダメだって。

今は金を儲けることばかり。

ベンチャー企業って言うけど、
要は冒険じゃなくて、
どうやったら一発で儲かるかだろ。

どこかが間違っているんだろうな。


生きてりゃ、うまいもの食いたい、
いいもの着たい、温かい布団で寝たい。

それぐらいのうちはいいけど、
やれ外車が欲しい、でかい家が欲しい
なんてきりがなくなってくる。

ゼロとは言わないけどもっと
身軽にならなきゃダメだな。

みんな(欲を)袋に
ぎゅうぎゅう詰めにして歩いている。

1度肩から下ろして開けて見たら
ギョッとするんじゃないか。

御飯とみそ汁と納豆でもあれば
十分暮らしていけるだろ。

制御できない果てが、今の日本の姿だよ。

だっておかしいじゃねえか、
世界中で日本がルイヴィトンの
売り上げが一番なんていうのは。

異常だよ。

日本製のカバンで何が悪いんだって。

子供は楽しいんだろうけど、
ディズニーランドやハウステンボス、
どっかにスペイン村

なんていうのもあるけど、
ここは日本だよ。

こんなことやってるの日本だけじゃないの。


男・・・男ねえ、

やっぱり闘いを
望むものなのかもしれないね。


スポンサードリンク



菅原 文太に関する書籍等


菅原 文太・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




Copyright (C) 2014 名言集 All Rights Reserved.