【夢を叶える名言・格言集】
高橋 礼



一つひとつのことに
一喜一憂したくないですね。

それは、自分としては

カッコ良くなく
見えてしまうというか。

キレイに見えないです。

スポンサードリンク


高橋 礼

■高橋 礼(たかはし れい)
1995年11月2日生まれ。
千葉県松戸市出身。
身長:188cm、体重:84kg。
血液型:O型、野球選手。

2017年 福岡ソフトバンクホークス
 から2巡目指名を受け入団。
2018年 12試合に登板し、
 0勝1敗、防御率3.00。

高橋 礼・名言


負けて悔しがるのを

相手に見られるのが一番嫌い。


大舞台だから

自分の力を発揮しないと
いけないとか思わないので、

いつも通りやるだけ。


シーズンを戦い抜く
体づくりのため、

キャンプは
ランニングがメイン。


結果を出している、
実力ある先輩方と

同じランニングをしていても
意味がないので。

そこを超えなきゃ
やっている意味がない。


表情に出さず
淡々としているけれど、

それで内心燃えている
感じがカッコイイ。


一つひとつのことに
一喜一憂したくないですね。

それは、自分としては

カッコ良くなく
見えてしまうというか。

キレイに見えないです。


スポンサードリンク




先発は

その試合を
決められるというか、

中継ぎ以上に

試合の責任を感じられる
ポジションかなと思います。

特に週に1回しか
投げないので、

そこでいかに
全力を出し切れるかという

勝負強さだったりが必要。


中継ぎは
調子を安定させることが大事。

試合の中での
組み立てというよりは、

一発勝負、

そこを投げ切ったら
良しというのが中継ぎです。

勝負できる
コントロールなどがより必要。


インコースに投げる
怖さがありますが、

あえてそこに
投げるというか、

恐れずに投げる
ということは大事。


多少厳しいボールでも
プロのバッターは振ってくるので、

少し甘く入れば
ヒットにもホームランにもなる。


先発は1週間に1回
投げるわけですが、

毎週毎週同じフォームで
投げるのは難しい。

上沢さんから

「1つのフォームに
こだわらないで、

その日の体調とか
体のバランスに合わせて、

いろいろなフォームで
投げられるようになると、

調子の波があまり
激しくならないよ」

と教えてもらいました。


スポンサードリンク



高橋 礼に関する書籍等


高橋 礼・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter



関連記事・広告



名言を投稿