【夢を叶える名言・格言集】
田中 美久



右も左もなにもわかんない。

でも、
気持ちだけは前に進もうって。

スポンサードリンク


田中 美久

■田中 美久(たなか みく)
2001年9月12日生まれ。
熊本県出身。
身長:151cm、血液型:B型。
HKT48のメンバー。

2013年 HKT48の第3期生
 オーディションに合格。
2014年 HKT48のシングル
 「桜、みんなで食べた」
 で初選抜入り。
2018年 AKB48世界選抜総選挙
 で10位にランクイン。
2019年 坂道AKBのメンバー
 に選ばれる。

田中 美久・名言


小学校6年生でHKT48に入って、
私の青春のすべてを捧げました。

でも、まったく悔いはないです。


右も左もなにもわかんない。

でも、
気持ちだけは前に進もうって。


諦めないことと願い続けること。

強い気持ちで頑張る、

どこかで諦めない気持ちを
持っていれば大丈夫。


ポジションだけが

全てじゃないと
わかっているんですけど、

当時は自分の中で
ポジションに思うことが多くて、

どうやったらもっと

皆に認めて
もらえるんだろうなと

ずっと考えていました。


「最初から諦めてたほうが、

良いことが起きた時に
嬉しく感じる」

って思ってたし、

「諦めてた方が
ダメだった時、気持ちが楽だ」

って逃げてたんですよ。

でも、
それじゃダメだって。


思うようなポジションに
上がれないことに

すごく悩んでいた時に
総選挙などで

毎回押し上げてくださったり、
握手会に来てくれたり、

ファンの方が
頑張って下さって

色々なことに
選んで頂けるようになって、

自分も自信を
持てるようになりました。


スポンサードリンク




アイドルとして
自分のやりたいことが

色々経験できることは
嬉しいんですけど、

それも全て
ファンの方がいてのことで、

皆さんがいなかったら
今ここにいないと思うので、

同じ目線で上を
目指したいなと思っています。


常にファンの方と一緒に
歩きたいなと思っていて、

応援してくださる方を
一番に考えています。


HKT48に入ることができて
良かったと改めて思えましたし、

AKB48の選抜メンバーとして
活動できることも嬉しくて、

いまが青春だなと。


奈子ちゃんが
IZ*ONE で活躍すればするほど、

HKT48の名前も
広まると思いますし、

こんなメンバ―も
いるんだよって

知っていただける
きっかけにもなる。


奈子ちゃんと一緒だったから、

なんとか乗り越えることが
できたんですよ。

相談することもできたし、

奈子ちゃんと
比べられることも

多かったので
頑張ることができた。


難しいことだと思うんですけど、

莉乃ちゃんとか、
さくちゃんと
奈子ちゃんのぶんまで

背負えるぐらいの
存在になりたいです。


スポンサードリンク




莉乃ちゃんには、
普段からよく触られたり、

「サシハラスメント」
を受けています。

1日に10回以上は受けますね(笑)。


HKT48は今の私の
最高の居場所です。

今、私がここに
立てているのは

応援してくださっている
みなさんのおかげです。

熊本で泥団子を作ったり、
木登りをしていたり、

普通の生活をしていた私が
今こんな華やかな場所にいて、

こんなにもたくさんの方に

応援して
くださっていることって

本当にスゴいことだって
びっくりしてます。


スポンサードリンク



田中 美久に関する書籍等


田中 美久・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter



関連記事・広告



名言を投稿