【夢を叶える名言・格言集】
常盤 貴子


スポンサードリンク


常盤 貴子

■常盤 貴子(ときわ たかこ)
1972年4月30日生まれ。
神奈川県横浜市出身。
身長:162cm、血液型:A型。
女優。

1991年 女優デビュー。
1995年 ドラマ「愛していると
 言ってくれ」が大ヒット。
2000年 ドラマ
 「ビューティフルライフ」に主演。
2001年 ドラマ
 「カバチタレ!」に主演。
その他、ドラマ、映画、CMなど、
数々の作品に出演。

常盤 貴子・名言


何か考える時は、

答えが出ようが
出まいが

とにかく

「とことん」まで
悩み抜きます。


とことん悩み抜いて
出した答えは、

今、あなたに
必要な答えだから。


できない事が
できるようになっていくのは

喜び。


20代はとにかく
前に走り抜けてきた感じ。

出来ませんという
選択肢はありませんでしたね。

どんな仕事でも
どんな台詞もすべて

「やります」が当たり前。


20代の頃は、

仕事に対して
がむしゃらですよね。

それが必要なことだし、
それでよかったと思うんです。

30代になったら
肝が据わってきて、

『それはちょっと』って
言えるようになるから(笑)。

40代になった今なんて、

『もう、まったく、
無理ですから』って、

明るく笑って
言えるようになっちゃってる。


私は昔から、

スケジュールが
ハードになればなるほど、

笑っていたいなと
思っていて、

そうである為の
努力はしています。


スポンサードリンク




大変なことが起きても、

今はこういう時期なんだと
思えばあがかなくなるし、

もしあがいたとしても、

それが自分にとって
必要なことだと思える。

どんな状況でも、
ありのままを

自分で受け止められる
ようになるんです


起こることに
抵抗せずに

流れに
身を任せることが大切。


「私はこうやっていきたい」
とか

「私はこうだ」って
決めちゃうと、

そこで壁ができてしまうから
新たな出会いも来ない。

流れに身を任せてみると、
意外とそこに道は開いている。


自分としては、

なかなか悪くない
人生だと感じているんです。


自由に、その都度、
楽しそうなものを

無理せず
やっていきたいなと。

誰かにやらされている
わけでもないし、

自分次第ですからね。


いろいろな面において、
世の中はだんだん

大変な状況になって
きているように思います。

だからこそ、
世間体などを気にせずに

「自分が右だと思ったら右に行く」
というように、

野生の勘を働かせ、
本能をもっと磨くべき。


スポンサードリンク



常盤 貴子に関する書籍等


■常盤 貴子・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter



関連記事・広告



名言を投稿