【夢を叶える名言・格言集】
冨岡 健翔



練習を常に欠かさず、
キープするのではなく

今以上を目指せるように
心がけています。

スポンサードリンク


冨岡 健翔

■冨岡 健翔(とみおか けんと)
1992年7月8日生まれ。
埼玉県出身、血液型:A型。
2001年9月23日
 ジャニーズ事務所に入所。
MADEのメンバー。

冨岡 健翔・名言


何よりダンスが一番好き。


ダンスはもちろん、

アクロバットにも
こだわっていきたい。

練習を常に欠かさず、
キープするのではなく

今以上を目指せるように
心がけています。


ダンスは感情表現なので、
踊っている姿を見て、

楽しそうだなとか
切ないなとか、

そういう感情が
ちゃんと伝わる踊りがしたい。


振付師の方は
曲の背景や感情を

考えて作っている
はずなので、

ステージに立つときは
出来るだけ

踊る曲のメロディや歌詞を
覚えるようにしています。


すると、

パッと耳にした時には
聴こえない音が聴こえてきて、

それがダンスに生かせるし、

振付の意図も
分かるようになるので。


個人的にやりたいことは
しゃべる仕事。

自分の言葉でものを伝える
仕事をしたいなと思います。

日本語って

すごい繊細な言語だし
難しいけど、

あとはもっと

歌も歌いたいし、
お芝居もしたい。

これからも自分を貫いて
活動していきたいので、

付いてきてほしいなと
思ってます。


スポンサードリンク




グイグイいくタイプではない。

打ち合わせでも、
みんなの意見を聞いて、

自分の中で整理してから、
そこに意見を混ぜつつ話す感じ。


SMAPさんが大好きで、
母にお願いして応募。

小学生の夢は、
SMAPになることでした。


ジャズは、
器械体操を始める前の年、

中3ぐらいの時と
事務所に入ってから。

ハウスは、
中学生の時に習っていた。


スポンサードリンク



冨岡 健翔に関する音楽等


冨岡 健翔・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter



関連記事・広告



名言を投稿