【夢を叶える名言・格言集】
登坂 絵莉


スポンサードリンク


登坂 絵莉

■登坂 絵莉(とうさか えり)
1993年8月30日生まれ。
富山県高岡市出身。
身長152cm、血液型:O型。
レスリング選手、階級48kg。

小学3年生の時に国体選手だった
父の勧めでレスリングを始める。

2013年より世界選手権で3連覇を果す。
2016年リオ五輪48㎏級金メダル獲得。

登坂 絵莉・名言


未来の自分に後悔をさせないため。


勝ち続けるのは難しいし、

勝てば勝つほど
試合の前の不安も大きくなる。


本当は、リオオリンピックが
終わったら

レスリングを
やめるつもりだったんです。


全部バネにしてきました。

でも、負けは
素直に受け入れますよ。


父からは

「練習は気分でやるな。
マットにあがるなら、

2時間なら2時間きっちりやれ」
と言われてきた。


結果は絶対に出るものなので、
もし負けた時に

「あの時こうしていればよかった」
とは思いたくないんです。


スポンサードリンク




怖がらずにハッタリでも
前に出ることが求められます。

相手が勢いよく前に出てきた時に、
下がってしまえば相手の思うツボ。


負けじゃないと、
なかなかあの悔しさは味わえない。

負けて良かったと思えるように
するしかないですね。


今でも「逃げ出したい」
と思うくらい

練習がキツい時は
しょっちゅうありますが、

練習が嫌いになるくらいに
練習しないと、

たぶん勝てないと思うから。


練習は厳しいから

「今日はつらいな」
という日もあります。

そんなときは父の言葉を思い出し、

「その日の全力を出そう」
と切り替えるんです。


できないことがあっても、
できることがある。

それをやるのが私のやり方。


何年かかっても
「絶対に見返してやる!」

みたいに感じて心に秘めてる。
そういうタイプ。


スポンサードリンク




もう何が何でも自分が
金メダルを獲るぞっていう、

最後まで絶対あきらめずに
獲ってやるっていう気持ち。


本当にチョコが大好きで、
「命」なんです。

チョコだけで1000キロカロリーぐらい
平気で食べてしまう。

でも、今は勝つために
我慢しています。


登坂 絵莉に関する書籍等


登坂 絵莉・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter



関連記事・広告



名言を投稿