【夢を叶える名言・格言集】
上野 由岐子


日ごろできないことは

グラウンドに出てもできない。

スポンサードリンク


上野 由岐子

■上野 由岐子(うえの ゆきこ)
1982年7月22日生まれ。
福岡県福岡市出身。
身長:174cm、体重:72㎏。
血液型:A型、ソフトボール投手。

2004年 アテネオリンピック銅メダル。
2008年 北京オリンピック金メダル。
エースとして出場。

上野 由岐子・名言


日ごろできないことは
グラウンドに出てもできない。

だから、グラウンドで
一流になりたいんだったら、
日常生活も一流にならないと。

ソフトボールはグラウンドだけが
すべてじゃない。


好きなソフトボールを
楽しくやっているうちに、

こういうふうになってしまっただけ。


プレッシャーは、
なくはないですけど、

別にそれは自分たちだけじゃない。


ソフトボールは
チームプレーなので、

お互いの信頼関係が大事だし、
自分が一番それを求めている。


指導者の道が開ければ、

そういう道に行きたいなと思う。


連勝しているから
どうこうと言うよりかは、

しっかり1つ1つを戦って
行けたらいいなぁと
思っています。

スポンサードリンク




オリンピックは目標ですね、
夢というか。

オリンピックで金メダルを取る
ということを中学校のときに思って、
ずっとそれを夢見てここまで来たし、

オリンピックという
存在があったから
今の自分があるんだなと思う。


チームだからこそ、
お互いを感じながら
戦って行ければ、

結果を出して
いけるんじゃないかな
とも思っています。

チームがバラバラだったから
という言い訳をしないような
試合をしたいと思います。


今までは自分がやっている
立場だったけれど、

指導者みたいなことも
やってみたいと思うし、
逆にソフトボールから離れて、

普通の生活というか
OLみたいな生活をやりたいな
と思うときもあります。


ロナウジーニョさんみたいな
選手になりたい。

あくまでも雑誌で読んだ
内容ですけど、

一流といわれている中で
常に笑顔でプレーしている面だとか、

とにかくサッカーが好き
だからやっているだけなんだ
という言葉とか、尊敬します。


信頼関係って、
力だけがすべてじゃないので。

うまいから信頼している
わけじゃなく、
人間性だったりとか、

性格だったり、
すべて兼ね備えて
いなければいけないと思うんです。


プレッシャーがどうというより、
本当に必死にやってくる
相手に勝つために、

自分たちはどのくらい
必死になって準備して
戦っていくかというのを

考えていかなければ
いけないと思う。

スポンサードリンク




金メダルというのを
みんなが期待してくれていて、

それに応えたいという
気持ちもあるんですけど、
本当に自分たちが、

どれだけそこに執着心を持って、
諦めないでやれるかというのが、

最終的には
強さにつながると思う。


目標は、まずケガをしない事。
年間を通して、

個人的な成績は全く
気にしていないですし、
考えていないです。

チームが優勝するために、
自分は貢献するしかない
と思っている。


自分が打たれても
打線が助けてくれるときもあるし、

本当にチームプレーなんだな
というのをソフトボーラーは
すごく感じるので。

だからこそ、みんなのために
自分は投げなきゃいけないと思うし、

自分が打たれても、
みんなが上野のためにと思って
打ってくれるわけで、

それがある意味、
信頼関係だと思う。


ピッチャーは、孤独なんだけど、
バックでみんなが
自分のことを見ている、

後ろで守ってくれている
みんながいるっていう

心強さを感じられる
チームで投げると、

自然と力も出てくるし、
ファインプレーも生まれてくるし、

それが心を一つにして
戦うってことだと思う。


今の自分がこうやっていられるのは、
自分だけの力じゃないし、
本当に周りの人がいて、

自分がこうしている環境に
すごく感謝しなきゃいけない
なっていつも思います。


たくさんの方の
思いを背負って投げていたので、
そのすべての思いに
応えるためにも、

最後まで投げ切ることだけを
考えて、とにかく必死に
投げていました。

その結果、
金メダルを取ることができて、
本当にうれしかったです。

スポンサードリンク




上野 由岐子に関する書籍等


上野 由岐子・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter