【夢を叶える名言・格言集】
八木 かなえ


練習すればするほど、
記録がどんどん伸びていく。

強くなった結果が、
数字に表れて
見えるのが楽しいです。

スポンサードリンク


八木 かなえ

■八木 かなえ(やぎ かなえ)
1992年7月16日生まれ。
兵庫県神戸市出身。
身長:153cm、体重:53kg。
血液型:B型、ウェイトリフティング選手。

ロンドンオリンピック12位。
リオオリンピック6位。

5歳から器械体操を始め、中学時代には
「全日本ジュニア選手権」個人総合7位に
入賞するほどだったが、
体操からの転向を考え、
2008年高校入学と同時に重量挙げへ。

2008年 アジアユース48kg級優勝。
2009年~2011年 「全国高校女子選手権53kg級」
 優勝。3連覇。
2012年 「全日本選手権53kg級」優勝。
2013年 ユニバーシアード53kg優勝。
2016年 全日本女子選抜選手権優勝。

八木 かなえ・名言


練習すればするほど、
記録がどんどん伸びていく。

強くなった結果が、
数字に表れて見えるのが楽しいです。


2020年の東京オリンピックは、
先生も私も集大成のつもり。

「悔いのないように準備しよう」
と話し合っています。


目の前にある一番近い目標を、

一つ一つ達成していきたいです。


中学3年生の進路見学で、
ウエイトリフティングの体験を

している私を横山信仁先生が見て
「センスがある。

絶対に全国大会に行ける。
連れていってあげるよ」
と言って下さったので、

「それならやってみようかな」って。
競技のことは何も知りませんでした。

でも瞬間的に
「上げるだけでいいんだ!」
って思っちゃったんです。


5歳からの10年間は
器械体操をやっていましたが、

難度の高い複雑な技を
決めなければ勝てない
体操競技に比べ、

中学三年当時の私には
とても単純そうな競技に思えました。

帰って両親に話したら、
母は「意外と向いてるんじゃない?」
って言ってくれました。


ストレスがたまった時は
同じクラブの子とボウリングに
行ったりして発散しました。

あ、私、ウエイトリフティングを
やってますけど、

みなさんと同じで、
ボウリングすると
筋肉痛になるんですよ(笑)。

スポンサードリンク




先生との出会いは
やっぱり縁だったんだと思います。

指導者が競技者と一緒に大学に
移籍するなんてあまりないと
思いますけど、

いろんな縁やタイミングが重なって
実現できました。

当時は
よくわかっていませんでしたけど、

先生も家族から離れて
知らない土地に住む決断を
したわけですから、

今思えば感謝しかありません。


一つひとつ、
目の前の試合で
いい記録を出すことを考えています。

それが東京でのメダルにつながって、
初めてオリンピック行きが決まった
時のように

訳がわからないぐらい
喜んでいる先生の顔が
また見られたら最高ですね。

スポンサードリンク




八木 かなえに関する書籍等


八木 かなえ・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter