【夢を叶える名言・格言集】
吉田 松陰



夢なき者に理想なし、

理想なき者に計画なし、

計画なき者に実行なし、

実行なき者に成功なし。

故に、
夢なき者に成功なし。

スポンサードリンク


吉田 松陰

■吉田 松陰(よしだ しょういん)
1830年9月20日-1859年11月21日
思想家、教育者。

山鹿流兵学師範。一般的に明治維新の
精神的指導者・理論者・倒幕論者
として知られる。

私塾「松下村塾」で、後の明治維新で
重要な働きをする多くの若者に
思想的影響を与えた。

吉田 松陰・名言


学問とは、人間はいかに

生きていくべきかを学ぶものだ。


過ちがないことではなく、

過ちを改めることを重んじよ。


小人が恥じるのは
自分の外面である、

君子が恥じるのは
自分の内面である。


人間たる者、

自分への約束をやぶる者が
もっともくだらぬ。


志定まれば、気盛んなり。


大事なことを任された者は、

才能を頼みとするようでは
駄目である。

知識を頼みとするようでも
駄目である。

必ず志を立てて、

やる気を出し
努力することによって

上手くいくのである。


スポンサードリンク




悔いるよりも 今日直ちに決意して、

仕事を始め技術を
ためすべきである。

何も着手に年齢の早い晩いは
問題にならない。


決心して断行すれば、

何ものもそれを
妨げることはできない。

大事なことを
思い切って行おうとすれば、

まず、できるかできないか
ということを忘れなさい。


君子は何事に臨んでも、

それが道理に合っているか
否かと考えて、

その上で行動する。

小人は何事に臨んでも、

それが利益になるか
否かと考えて、

その上で行動する。


世の中には体は生きているが、
心が死んでいる者がいる。

反対に、体が滅んでも
魂が残っている者もいる。

心が死んでしまえば
生きていても、

仕方がない。

魂が残っていれば、
たとえ体が滅んでも意味がある。


どんな人間でも

一つや二つは素晴らしい能力を
持っているのである。

その素晴らしいところを
大切に育てていけば、

一人前の人間になる。

これこそが
人を大切にするうえで

最も大事なことだ。


自分の価値観で人を責めない。

一つの失敗で全て否定しない。

長所を見て短所を見ない。

心を見て結果を見ない。

そうすれば人は必ず集まってくる。


スポンサードリンク




満開となれば、
やがて花は落ちる。

太陽は南中すれば、
やがて陰りはじめる。

人は壮年を迎えれば、
やがて老いていく。

百年の間、

必死で勉強すべきであり、
ゆったりとくつろぐ暇などない。


夢なき者に理想なし、

理想なき者に計画なし、

計画なき者に実行なし、

実行なき者に成功なし。

故に、
夢なき者に成功なし。


英雄はその目的が
達成されないときには

悪党や盗人とみなされるものだ。

世の中の人から馬鹿にされ、
虐げられたときにこそ、

真の英雄かどうかがわかる。


思想を維持する精神は、

狂気でなければならない。


スポンサードリンク



吉田 松陰に関する音楽等


吉田 松陰・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter