【夢を叶える名言・格言集】
阿部 詩



練習では
納得いくまでやります。

納得がいかなかったら、
一日中モヤモヤするので。

スポンサードリンク


阿部 詩

■阿部 詩(あべ うた)
2000年7月14日生まれ。
兵庫県神戸市出身。
身長:158cm、血液型:B型。
女子52㎏級、柔道家。

兄は66kg級で世界チャンピオン
となった阿部一二三

2017年 インターハイ 個人戦 優勝
2017年 国体 5位
2017年 講道館杯 優勝
2017年 グランドスラム・東京 優勝
2018年 グランドスラム・パリ 優勝
2018年 体重別 3位
2018年 グランプリ・フフホト 優勝
2018年 インターハイ 団体戦 優勝

阿部 詩・名言


自分の柔道は

一本を獲りに行く柔道です。


五輪までは

ガッツポーズしない。


誰が相手でも

自分の技に入ることができれば
勝てる。


練習では
納得いくまでやります。

納得がいかなかったら、
一日中もやもやするので。


試合のときに
負けたくないので、

練習できつい時は

負けた時の試合を思い出して
乗り越えています。


一番覚悟を持った選手が

五輪には選ばれる
のかなと思っています。

だから強い覚悟をもって
最後まで諦めず、

自分が東京五輪に出て

金メダルを獲るんだと
思い続けます。


スポンサードリンク




私が柔道を始める
きっかけになった兄は、

今でも尊敬する柔道選手です。

「兄のようになりたい」
という気持ちは、

今でも変わっていません。


一本を取れば気持ちいいし、
会場も沸く。

周りの方も見ていて
迫力があると思うので、

こだわりはあります。


ずっと兄を見て
柔道をやってきたので、

一本を取りに行くという
意味では似ていると思います。


技の上達もそうですけど、

一番は気持ちを
強く持つようにしています。

自分にも相手に対しても。


絶対に自分が強いという
気持ちを忘れずに、

それでも挑戦者という
気持ちも忘れず。


思いっきり、
周りを驚かせてやるという

強い気持ちを持って
挑んでいます。


スポンサードリンク




投げられるのは嫌ですし、

何でも一番に
なりたい性格です。

負けず嫌い。


柔道を辞めたいと
思ったことはありません。

今日は練習したくないな、
というのはありますけど。


自分から柔道を取ったら、

何が残るんだろうという
思いもあります。


柔道は人生において、
なくなったらというか、

なくなることが考えられない
大きな存在です。

自分を作ってくれている
と思います。


2019年は
絶対負けられない年。

世界選手権を
2連覇することが

わたしの今年一番の大仕事。


環境が変わる時に

人は一番成長する。


スポンサードリンク




全日本国民の思い、
勝って欲しいという願いを

背負って立つ舞台。

そのプレッシャーは
計り知れないと思っていますが、

でも自分にはできるって、
ずっと思っているので大丈夫。

記憶に残る、
全国民に知ってもらえる

選手になりたい。


負けたのには絶対理由がある。


"男子みたいな柔道、
勢いのある柔道"

を目指してやっています。


柔道界の人からも
柔道をやっていない人からも、

"怪物"って言われる
選手になりたい。


自分の負けた試合を見るのは
嫌いだったのですが、

勝つためにはそれも必要。


スポンサードリンク



阿部 詩に関する書籍等


阿部 詩・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter