【夢を叶える名言・格言集】
秋元 康・ページ1



まず一歩目を
踏み出すことが大事。

成功した人、
夢をつかんだ人がいるが、

ただ一歩を踏み出したか
踏み出していないかの差。

スポンサードリンク


秋元 康

■秋元 康(あきもと やすし)
1958年5月2日生まれ。
東京都目黒区出身。
作詞家、音楽プロデューサー。

1985年 女性アイドルグループ
「おニャン子クラブ」の
 楽曲の作詞・プロデュースを担当した。
2005年 東京・秋葉原で女性アイドル
 グループ「AKB48」を立ち上げる。

放送作家として
『オールナイトフジ』
『夕やけニャンニャン』
『とんねるずのみなさんのおかげです』
など、数多くの番組を手がける。

作詞家として美空ひばりを
はじめとした、
様々な歌手の楽曲を担当。

秋元 康・名言ページ1


いつか、必ず、チャンスの順番が

来ると信じなさい。


成功するためには、何が必要か?
運です。


悩む暇があれば動く。


嫌われる勇気をもって
自分を出さなければ、

人に好かれることはありません。


本当の失敗とは、
失敗したことに負けて、

時間を無駄にしてしまうこと。


全ての自信には、

根拠などない。


スポンサードリンク




成功を手にした人たちは
何が違うのかというと、

「行動を起こしている」
ということです。

問題は、
やるかやらないかなんです。


おもしろいものは、

自分で見つけなくては。


ほんとうの優しさとは、
自分から与えるのではなく

相手が求めてきたときに、
さりげなく示すもの。


大切なことはやる気を
起こさせたり、

落ち込みをなくすことではなく、

止まっている気持ちを
動かすこと。


僕はいつでも

「いまそこにある偶然」が
面白いなと思うんです。

つまり、与えられた状況で
どれだけ楽しめるかという話です。


誰かがどうにかしてくれる
わけじゃない。

あなたの人生をつくっていくのは、
あなた自身。


スポンサードリンク




幸運をつかむには、方法も、
法則も、テクニックもない。

あるとすれば、ただひとつだけ。
自分は運がいいと思うこと。


嫌だと思っているのは自分だけで
人は気にしていない。

本人にとっては大きな悩みでも、
コンプレックスのほとんどは

自分だけの問題。


せっかく人生の旅に
出たのだから、

立ち止まっていたのでは損です。

じっとしていても、
時間は減っていくばかり。

だったら動くことです。


だいたい正解なんて、
どこにもないんですよ。

でも、正解だと言い切る人に、
人はついていく。

はっきり「こうだ」という思いを
持っている人に近づこうとする。

そして、そういう人のところに
仕事は集まります。


10戦10勝を目指すのではなく、
5勝4敗1引き分けでいい。

そう思ったら自分自身が
とても楽になりました。

たとえスタッフの仕事に
ミスがあったとしても、

怒るのではなく、

逆に励ますことが
できるようになりました。


幸せはキープできません。

これさえあれば、
幸せになれるなんてことはない。

何かを手に入れると、

これからはそれが
当たり前になってしまうからです。

幸せとは毎日の瞬間、瞬間に、

自分のささいな自己満足に
どれだけ出会えるかです。


スポンサードリンク




困難の少し先には、
ご褒美として、

幸せが落ちているものです。


何かを代償にしなければ

スターになんかなれない。


どこの組織、業界でも

トップは必ず孤独。


「いいことがありますように…」
じゃないよ。

待ってちゃだめだ。探すんだ。


夢は、手を伸ばした

1ミリ先にある。


成功するのは

1ミリの努力の積み重ね。


スポンサードリンク




まず一歩目を
踏み出すことが大事。

成功した人、
夢をつかんだ人がいるが、

ただ一歩を踏み出したか
踏み出していないかの差。


行動全てを絶賛する
ファンだけではだめで、

厳しいファンも必要です。

10人の厳しいファンが
90人の優しいファンを

導いてきてくれます。

この10人の厳しい
ファンがいないと、

優しいファンはもう
来なくなってしまいます。


みんなね、自分の可能性を
信じていないんですよ。

夢はあっても、どこかで
「叶うわけがないよな」

と諦めているんです。

なぜか?
近くに成功例がないから。

もし親も親戚にも
芸能界に縁がなかったら、

その夢には
リアリティーがないように思える。

リアリティーがないのが
夢なのにね。


みんなが集まっている

野原には、
野イチゴはない。

だから、野イチゴが

たくさんありそうな
未開の場所を探す。

蛇がいたり、滝があったり、

みんなが危ないという
場所にこそ、

野イチゴはたくさんある。


努力が報われていないと
思っている人へ。

それでも
努力するしかないのです。

努力しながら
チャンスを待つしかないのです。

その努力は報われるのか?
必ず、報われます。

問題は、いつどこで
報われるのか

わからないことです。


努力がなかなか報われない場合、
どうすればいいか?

人のせいにしなさい。

君の努力の結果に気づいていない、
まわりの人間がいけないのです。

もちろん、これ以上
努力のしようがないくらい

努力した場合ですよ。

「この人たちには見る目がない」
と思いなさい。


スポンサードリンク




秋元 康・著書等


秋元 康・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter