【夢を叶える名言・格言集】
バカリズム



普通に淡々とやって、
最低限、

食っていけたら
それでいい。

スポンサードリンク


バカリズム

■升野 英知(ますの ひでとも)
1975年11月28日生まれ。
福岡県田川市出身。
血液型:A型、お笑いタレント。

1995年 「バカリズム」を結成。
1995年-2005年 松下敏宏との
 お笑いコンビの名称であったが、
 解散後にコンビ名を芸名として引き継ぐ。
2005年 ピン芸人として活動。

バカリズム・名言


自分の好きなことは、

気が済むまでやれば
良いと思います。


なにがなんでも
売れたいなんて

気持ちは全く
なかったですし、

最悪バイトしながらでも

好きなことを
やっていけたらいいな、

ぐらいの感覚で
ずっとやってきたんで。


普通に淡々とやって、
最低限、

食っていけたら
それでいい。


お仕事を頂けるというのは
ホントありがたいことですけど、

「自分の冠番組を持ちたい」
とかそういう欲は一切ない。

だから、ライブをやったり、
バラエティに出させてもらったり、

そういういろんな面白い事に
参加させてもらえるって事のほうが、

僕にとっては
お金がどうこうってより、

よっぽど重要な事なんです。


最終目標は、
あの、みんなから誉められて、

すっごい大勢の女の人に
ちやほやされるのが夢です(笑)。


スポンサードリンク




僕自身は妄想というか、
ないものを作るのが好きなんで、

ネタを作る時にも、
自分が知らないものとか、

今まで通ってこなかったものへの
想像を膨らませていくことが多い。


もしも僕の"色"みたいなものが
あるとしたら、

それは意識しなくても
勝手に出てくるものだと思います。


自分がまずどうしても
頑張ってみて

ダメなときに
助けてもらえばいいのに、

最初から
助けてもらうこと前提で

生きているようなろくでなしとは
仲良くなりたくないですね。


好きなのに
上手くいかないのは、

その〝好きなこと〟が
結局そんなに

好きじゃない
ってことなんだと思う。


感情から
ネタは作らないですね。

感情を入れちゃうと
ネタが濁るというか。

何かを伝えたいとか
思っちゃう。

その思いが面白さを
濁らせるんです。

だから基本的には
無感情ですね。



たとえば、
この「都道府県のネタ」も、

家にたまたま
日本地図が張ってあって、

ネタを考えてる時に、

なんとなく、何気なく
地図を見てたんですよ。

そしたら、
無意識のうちに

「北海道だったら、あそこ持つなぁ」
「石川県は、あそこだなぁ」とか。

なんとなく思ったんですね。

そこから、持つところを
暇つぶしに探したくなって。

「あそこ、穴が開いてるから
 指引っ掛けられるな」とか。

面白いとかそういうことじゃなくて、
なんとなく考えてたんですよ。

それで、段々面白くなってきて、

「これ、ネタにできるじゃん」
っていう感じ。

ぼーっとしている時に
思いついたりとか。

でも、結局、
浮かぶかどうかだから。

考えて、考えて、
こねくり回して作ったものより、

ポンって浮かんで
いい加減に作った方がウケる。


今やってるひとつひとつの

仕事の精度を上げて、
より良くしていきたい。


スポンサードリンク



バカリズムに関する書籍等


バカリズム・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter