【夢を叶える名言・格言集】
加藤 シゲアキ



あの日のこと、
あの日思ったこと、

俺がもっと

しっかりしてたら
って思ったこと

忘れちゃダメだって。

スポンサードリンク


加藤 シゲアキ

■加藤 シゲアキ(かとう しげあき)
1987年7月11日生まれ。
大阪府出身、血液型:A型。
NEWSのメンバー、小説家。

1999年 オーディションを経て入所。
2003年 NEWSとしてCDデビュー。
2010年 青山学院大学法学部を卒業。
2012年『ピンクとグレー』で小説家デビュー。
2016年『ピンクとグレー』は映画化される。
他、ドラマ、映画、CMなど、
数々の作品に出演。

加藤 シゲアキ・名言


言葉よりも姿勢が

大事なときってある。


いくつになっても、

戦う場所を持つ男でありたい。


きっと誰だって変われる。
いつだって変われる。

今は、そう思います。


あの日のこと、
あの日思ったこと、

俺がもっと

しっかりしてたら
って思ったこと

忘れちゃダメだって。


とにかく、何事にも

一生懸命に向かうこと。


自分はこんなことも
できるんだ、

こんなに変われるんだって、

自分でも
びっくりだったんですよ。

きっとまた大きく
変われるなっていう

予感があります。


スポンサードリンク




16歳のときにNEWSに入って、

これで将来安泰だって
思ったんですよね。

ジャニーズJr.の目標は
デビューだから。

でも、ぜんぜん
安泰じゃなかった(笑)。

そこからが波瀾万丈で。


グループの未来を
変えたかったのに、

行動に移すのが遅かった。
そこは今も後悔してるかな。


最初のNEWSは
林間学校の班みたいだった。

数えきれない程の事件を
乗り越えてきて

最近は「家族」なんだと思う。


自分を壊したいんです。

中途半端に小器用な
ところがよくない(笑)。


勉強しておいたほうがいいよ。
実際は使わなくても、

その勉強のアプローチが
世の中に生きるから。


自分の小説を
見てくれたかたが

「小説って面白いな、
もっと他の本も読んでみようかな」

と思ってくれる事は

小説家として
デビューさせて貰った事の

恩返しになるかなと思う。


スポンサードリンク




自分の小説を読んだ方が

ジャニーズの人なんだと
興味を持って貰い、

NEWSのコンサートに来てくれて
小山増田手越

ファンになってくれるのが理想。


1人でも僕を
応援してくれる人がいれば、

僕はその人のために

NEWSの加藤成亮を
続けていきます。


努力しないと人は

変われないから。


新しい挑戦をしたかったんです。

まだ自分の色が分かってないから、
いろんなことを試したかった。


今はとにかく、

浴びるように本を
読みたい時期ですね。

面白い本を読むと、

自分はまだまだだなって
打ちのめされる。

そこで悔しいなって思うと、

また小説を
書きたくなるんですよ。


今まで応援してくれた人は、

他のメンバーよりは
少ないかもしれない。

でもゼロじゃない。

少なくとも
ゼロになるまではやろう。

ひとりでも
応援してくれるなら、

その人のためにやろうって。


スポンサードリンク




「俺はここにいたいんだ」って。

「好きだから
ここに立っているんだ」


って気づきました。

誰の意思でもない、

自分自身がやりたいから
やってたんだって。


ステージに上がると、

NEWSのうちわを
振ってくれる人が見えた。

自分の名前も見つけて。

出るか出ないかも
わからないのに、

もしも出た時のために
作ってくれた人がいた。


待っててくれた人が
いたんだって、

嬉しくて、
頭が真っ白になった。

中には泣いてくれている
人もいて、

「俺だよ、泣きたいのは」
って思いながら歌った。


「自分の魅力は?」
ということを、

探し続けなきゃいけない。


スポンサードリンク



加藤 シゲアキに関する音楽等


加藤 シゲアキ・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




名言を投稿