【夢を叶える名言・格言】
森保 一


海外に行って、
その国の人に認めてもらうのは

並大抵のことじゃない。

スポンサードリンク


森保 一

■森保 一(もりやす はじめ)
1968年8月23日生まれ。
長崎県長崎市出身。
身長:174cm、体重:68kg。
血液型:A型。
元サッカー選手、指導者。

1987年 マツダサッカークラブに加入。
1992年 サンフレッチェ広島の
 中心選手として活躍。
1998年 京都パープルサンガに
 レンタル移籍。
1999年-2001年 サンフレッチェ広島
 でプレー。
2002年-2003年 ベガルタ仙台で
 プレーして引退。
2004年 サンフレッチェ広島の
 育成コーチを務める。
2005年からU-18、19、20日本代表
 コーチ(兼務)を歴任。
2007年-2009年 サンフレッチェ広島
 トップチームコーチを務める。
2010年-2011年 アルビレックス新潟
 ヘッドコーチを務める。
2012年-2017年 サンフレッチェ広島
 監督を務める。
2020年 東京五輪の
 男子日本代表監督に就任。

森保 一・名言


チームより優先するものはない。


どれだけ情熱を持ってやれるか。


上手くいかなくなったら

基本にたち返ればいい。


自信を持って戦わなければ

勝つ確率も低くなる。


"監督と選手、どちらが楽しいか?"

『絶対選手です。』


『ダメなところを改善することで
良くなるはず』

という考えを捨て、
できるだけ長所に目を向ける。


スポンサードリンク




努力すれば
試合に出られるのかといったら、

そうじゃない。

どの選手も努力をする。
だから、

努力の質や量をちゃんと考えて、
自己評価して、

整理しながらやっていくことが
大切だと思います。


選手選考で重視することは、

どういう長所を持っているか。


精神面でタフに戦っていけるか。


協調性があるか。

性格がチームのために
戦える選手であるか。


いろんな戦術があり、
試合では想定外のことが起きる。

柔軟に対応できる選手は大切。


僕自身、現役時代は走って
なんぼの選手だったので、

タフでスピード感のある
サッカーが好きなんです。


僕は現役の頃、
守備的な選手だったので、

1-0で勝つ試合が好きなんです。


基本がしっかりしている
人(チーム)は、

何らかのアクシデントや
不測の事態にも

落ち着いて対処ができる。


スポンサードリンク




私が見る選手たちにも、

偉そうに教える
つもりはないですが、

サッカー選手としても、
人としても

プラスになったなと
思ってもらえるように、

自分がしてきてもらったことを、

私が預かる選手にも
していきたいと思っています。


私自身、あの経験(ドーハの悲劇)で
何が変わったかというと、

あれ以上に悲しい思いをすることは
ないだろうなと思っています。


海外に行って、
その国の人に認めてもらうのは

並大抵のことじゃない。


森保 一に関する書籍等


森保 一・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter



関連記事・広告



名言を投稿