【夢を叶える名言・格言集】
Official髭男dism



音楽が大好きなだけだったのが、

自分がいいと思う
音楽をやっていくうちに

未来がどんどん開けて行って、

いろんな曲がり角で
いろんな人が導いてくれた結果、

今こうして音楽をやっている。

スポンサードリンク


Official髭男dism

■Official髭男dism
(オフィシャル ヒゲダンディズム)
2012年結成。
2015年4月22日 1stミニアルバム
 『ラブとピースは君の中』をリリースし、
 インディーズデビュー。
2016年2月 活動を本格化させるため上京。
2018年4月11日 1stシングル「ノーダウト」
 でメジャーデビュー。
2019年 第70回NHK紅白歌合戦に初出場。

□藤原 聡(ふじはら さとし)
1991年8月19日生まれ。
鳥取県米子市出身。
身長:164cm、血液型:O型。
ボーカル、作詞、作曲担当。

□小笹 大輔(おざさ だいすけ)
1994年1月6日生まれ。
島根県松江市出身。
身長:158cm、血液型:O型。
ギター、コーラス担当。

□楢﨑 誠(ならざき まこと)
1989年3月18日生まれ。
広島県福山市出身。
身長:169.8cm、血液型:O型。
ベース、サックス、コーラス担当。

□松浦 匡希(まつうら まさき)
1993年1月22日生まれ。
鳥取県米子市出身。
身長:178cm、血液型:O型。
ドラムス、コーラス担当。

Official髭男dism・バンド名の由来


僕がバンド名を付けました。

「髭が似合うような
年齢になっても、

音楽をワクワクとした
気持ちで作っていきたい」

という願いが
込められているんです。

(楢崎 誠)

楢崎 誠・名言


僕が音楽を始めたきっかけは、
中学の音楽の授業で、

何の楽器を使ってもいいから
発表会で何か披露して下さい

って言われて、

友達と一緒に
アコースティックで

弾き語りをしたんです。

そしたら、なんか
それが思いのほか好評で。

「いいじゃん! やるじゃん!」
って言われて、

ちょっといい気分に
なったんです(笑)。

小笹 大輔・名言


じつは、僕ら

今みたいな曲調をやる
バンドになるとは

最初
思ってなかったんですよ。


カッコいいアーティストが
同じ時代にいてくれるのは

すごく嬉しいし、

僕らの音楽も
もっと良くなると思う。

それは競争ではなくて、

いい音楽が多いほうが
楽しいじゃないですか(笑)。


楽曲を作る時に
良い意味で人の目を気にせず、

自分がカッコいいと
思うものを

信じればいいんだという

シンプルな思考に
なれるようになりました。

松浦 匡希・名言


たくさんの人に

聴かれていることを
実感できるのは、

やっぱりライブ。

イントロだけで
すごい反応が返ってきたり、

フェスで
入場規制がかかったり。

街で、「高校生が
ヒゲダンの曲を口ずさんでた」

みたいな話を聞くことも多くて、
とても嬉しいです。


どんなキャパシティの会場でも
観に来てくれた一人一人に

届ける思いで
ライブをしているし、

最高に幸せな空間を
音やパフォーマンスで

作るべくサポートメンバー含め
皆で意見を出し合って

アレンジなどの
ライブ作りをしています。


スポンサードリンク



藤原 聡・名言


自分の中で
音楽を仕事にするということは

夢のまた夢で、
中学校ぐらいから

そういう未来が待っていたら
最高だなとは思っていたんです。


もともと
「武道館でライブをやりたい」
みたいな目標はなくて、

いい曲を作ることだけを
考えてました。

将来のビジョンが
少しずつ生まれてきたのは、

東京に来てから。

同じ事務所だった
SEKAI NO OWARIを見て、

刺激を受けたことも
大きかったです。


この4人じゃなかったら、

きっとここまで
来られていないと思うし、

それはプレイテクニック
だけではなくて、

本当にみんなの人柄の
おかげだと思っています。


いいライブがやれる、

いい曲を作れている
という自信があるからこそ、

それを1人でも
多くの人に観てほしいんです。


だから、

ライブに行きたいと
思ってくれた人には、

ちゃんと観に来てもらえるような
活動をしていきたいです。


スポンサードリンク




バンドをどう動かしていくかって、
みんな自分なりに考えているし、

しっかりと
お互いを思いやっているし、

音楽への熱い思いもある。

それがバンドを長く続けていく
秘訣なんだなって。


音楽が大好きなだけだったのが、

自分がいいと思う
音楽をやっていくうちに

未来がどんどん開けて行って、

いろんな曲がり角で
いろんな人が導いてくれた結果、

今こうして音楽をやっている。


「こうやったら売れる」

と音楽にHow toを
持ち込むのは違うと思うし、

まずは自分たちが
心から好きだと思える

曲を作らないと。


研究と向上心ですよね。

結局、僕らにとって
音楽は生き甲斐なので、

そこを余計なことを考えずに
素直にやるっていうのは

一番大事にしたい。


曲を作っている時の
心の中のビジョンって

明確じゃないことの方が
多いんですよ。


結局、
出来上がった曲を通して

自分の本心を知ることが
すごく多いんです。


ぼんやり浮かんだことを
どんどん明確な言葉にしていくと、

その時
自分が思ってることとか、

自分がその時感じている
哲学が見えてくる感じですね。


スポンサードリンク



Official髭男dismに関する音楽等


Official髭男dism・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter



関連記事・広告



名言を投稿