【夢を叶える名言・格言集】
瀬戸 大也


とにかく一日一日を

全力でやる。

スポンサードリンク


瀬戸 大也

■瀬戸 大也(せと だいや)
1994年5月24日生まれ。
埼玉県入間郡毛呂山町出身。
身長:174cm、体重:73kg。
血液型:A型、競泳選手。

萩野公介選手と少年時代からの
ライバルとされている。

2016年 リオオリンピック400m個人3位。
萩野選手とともにW表彰台に上がった。

瀬戸 大也・名言


とにかく一日一日を全力でやる。


田舎でも都会でも、
どんな場所に生まれても

『夢をもってそれに向かって
努力すれば、絶対叶う』

ことを証明できたと思っています。


見えない自分との勝負というか、
きついところでしっかりと

耐えられる体力を
つくっていくことが、

世界水泳や世界新記録を
出すために必要だと思います。


公介はスピードが
しっかりあって粘りもある
選手なので、

公介にできているのだから
自分にもできると思っています。


これから活躍する
子供たちにも、
無理だろうとか、

キツイんじゃないかとか、
そういうネガティブな
考えをしないで、
できる! やれる! 

と、ポジティブな考えを
持って頑張ってほしい。


優勝するための
ポイントは平泳ぎ。

しっかりと決勝までに
平泳ぎの感覚を研ぎ澄ましたい。


いいイメージで調整をしていたら

どんどん調子も上がってきた。

スポンサードリンク




自分の流れになってきたので
「これはきた」

と思って、
そこからは怖いものが
ありませんでした。


アドレナリンが出せれば
世界新記録くらいまでいける。


自分の中では
会心のレースだったと思うので、

ことしの世界水泳では
絶対に負けないと思いますね。


真ん中の(コースの)方が
かっこいいですよね(笑)。

端から優勝もかっこいいですけど。


あとはやるだけですね。

強化をしっかりして、
そしてレースを楽しみたいです。


積極的にいくというのを
忘れないでやっていきたい。

スポンサードリンク




父親に、言葉でネガティブなことを
言うと、どんどんそういう風に
考えていっちゃって、

負のスパイラルになり
どんどんダメになっちゃうよ
と言われて。

逆にいいことを言うと、
流れも良くなってくるので

ポジティブにいなさい、
と小さい頃から言われて。


緊張やプレッシャーはないですね。

プレッシャーとかは
自分で決めつけるものだし、

みんなから「頑張ってね」
とか言われると
逆にうれしいので、

「よっしゃ頑張ろう!」
って思えます。

プレッシャーに押し潰される
というよりは、

ワクワクしてとにかく楽しもうと
思えることが
自分の強みかと思っています。


自分のライバルは、
海外の選手ではなく、

国内の同級生なんですが、
完全な敵でバチバチやりあう
という感じじゃないですね。

お互いを理解しあい、
尊重しあって
高めあえる存在であり、

友人であり、
世界で一緒に戦っていく戦友です。


公介がいると落ちついて
レースができるし、
リラックスできる。

不思議なんですが
一緒にいるとすごく安心して
戦えるんです。


子供には、水泳をやらせたい。
自分を超えるように育てたいけど、

超えられないように
自分は東京五輪で
金メダルを獲りたい。

スポンサードリンク




自分を信じて積極的に
前半から入れたので、

一気にドカンとタイムが
上がったと思います。


日本新を更新できたのは
うれしかったのですが、

自分でもびっくりするぐらい
落ち着いていて、

「よし」
という感じでした。


強化することは
たくさんあるので、

地道にやっていきたいです。


一つ一つ課題を持って
レースをしたいので、

苦手な種目も強化して、
自信を持って

レースをしたいと思います。

スポンサードリンク




瀬戸 大也に関する書籍等


瀬戸 大也・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter