【夢を叶える名言・格言】
菅野 智之



単に遠くに投げたり、
球数を投げたりするよりも、

遠投は質が大事。

きちんと意識を持って
投げていれば、

5球から10球で良い。

スポンサードリンク


菅野 智之

■菅野 智之(すがの ともゆき)
1989年10月11日生まれ。
神奈川県相模原市出身。
身長:186cm、体重:92kg。
血液型:A型、野球選手。
伯父は元読売ジャイアンツの原辰徳

原辰徳の引退試合を観戦したことが
 きっかけで本格的に野球を始める。
2011年ドラフト1位で日本ハムが指名も、
 卒業延期制度で東海大に1年残留。
2012年 ドラフト1位で巨人が指名。
2013年 開幕先発ローテーション入りし、
 13勝でチームのセ・リーグ連覇に貢献。
2014年 最優秀防御率のタイトルを獲得。
2017年 17勝を挙げて沢村賞を受賞。

菅野 智之・名言


試合でボールが
コントロールできずに

困ったことはほとんどない。


ピッチングは

やっぱりコントロール。


遠投もすごく大事な練習。

良いピッチャーは
遠投を大切にしている人が多い。


単に遠くに投げたり、
球数を投げたりするよりも、

遠投は質が大事。

きちんと意識を持って
投げていれば、

5球から10球で良い。


メンタルトレーニングは
やったことがないです。

試合でのメンタルって

試合でしか
養えないと思うんです。

だから
たくさん場数を踏むこと。


もちろん
緊張することもあります。

でも、そういうものが
なくなったら

スポーツ選手として
終わりだと思っています。

常にいい緊張感を持って
やれていると思います。


スポンサードリンク




ピッチャーは
天国か地獄ですからね。

抑えたらヒーローですけど、
打たれたら

全部ピッチャーの
責任ですからね。


三振とは

ピッチャーがノーリスクで
アウトを取れる手段です。

でも僕はバッターに対したら、

まず必ず1球で
打ち取ることを考えます。


投手は投げるだけじゃない。

本塁打を打って、
1-0で完封したいですね。

それはもう、僕の夢ですね。


よく『心・技・体』と
言われますが、

僕が考える優先順位は
『体・心・技』だと考えています。

自分が一番大事にしているのは、
コンディショニング。

技術は、一番最後。


投手は、野手と違って、
やれることは限られているので、

自分で考えながら、
自分なりの調整法を考える。


勝敗や結果は
運に左右されることもある。

自分でコントロールできない
部分が少なからずあるから、

そこだけに
とらわれる必要はない。

自分のできることを
しっかりとやり続ければ、

見てくれている人はいる。


スポンサードリンク




野球選手である以上、
上のステージに行きたい、

ということは当たり前。

そう思えない
自分でいる方が怖い。


絶対的な力をつけて
文句なく

メジャーへ
行けるようにしたい。


フォアボールは試合の中で
一番流れが悪くなる。

中でも先頭バッターの
フォアボールが一番いけない。


キャッチボールの基本は
ただ相手に投げるだけじゃなくて

相手の胸に投げることですから。

毎日の積み重ねが
マウンドに上がった時に

生きてくる。


菅野 智之に関する書籍等


菅野 智之・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter



関連記事・広告



名言を投稿