【夢を叶える名言・格言集】
八乙女 光



いつからだろう、
メンバーひとりひとりに

いろんな仕事が
決まるようになって、

自分のことのように
「やったー‼︎」って

喜んでる自分がいた。

スポンサードリンク


八乙女 光

■八乙女 光(やおとめ ひかる)
1990年12月2日生まれ。
宮城県仙台市出身、血液型:O型。
Hey! Say! JUMPのメンバー。

2002年 ジャニーズ事務所の
 オーディションに合格。
2004年 ドラマ『3年B組金八先生』
 に生徒役で出演。
2007年 Hey! Say! JUMP
 でCDデビュー。
以降、ドラマ、映画、CMなど、
数々の作品に出演。

八乙女 光・名言


これからも
喜んでもらえるよう、

成長と変化を
止めちゃいけない。


誰かの記憶に
少しでも俺が残るなら、

今日もがんばろうって
思えるんだよね。


何かをするために
何かを犠牲にしなくても

いいって
思えるようになった。


何もしない、

出来ないことの
言い訳だけを探して

自分を高めようとしない、

そんなタレントには
なりたくない。


物事って1年や2年で
急激に変わるものじゃないし、

油断しちゃいけないって
いう気持ちもある。


俺はずっとグループを
引っ張らなきゃって思ってた。

口うるさいから

息苦しく思ってた
メンバーもいたと思う。

でも、いつからだろう、
メンバーひとりひとりに

いろんな仕事が
決まるようになって、

自分のことのように
「やったー‼︎」って

喜んでる自分がいた。


スポンサードリンク




10年って歳月を

俺たちは走り続けた。


10年って考えると、
知念裕翔は、

ホントに大人に
なったなって思う。

最初、俺のヒザの上に
座ってたりしてたんだよ。


俺が
支えてたんじゃないよ。

俺がメンバーに
支えられてたんだよ。

だから
支えられるだけじゃない、

俺もメンバーを
支える存在でいたい。


きっと直接言うことは
これからもないけど、

この場を借りて
メンバーみんなに言わせてよ。

「支えてくれてありがとう」
って。


僕たちの曲を聴いたり、
テレビで見かけたら

「1日、がんばろう!」
って思えたり、

疲れちゃった時

少しでも安らぐ
存在でいられたらって。

ファンの心癒す

人生のサプリメントみたいな
存在になりたいんだよね。


人生笑った者勝ち。


スポンサードリンク




JUMPってひとつひとつ
段階を踏みながら、

前へ進んでいく
タイプだと思うんですよ。

だからこそ、
それがしっかりできれば。

いつかトップに
なれるって信じてる。


人生はうまく
行かないことばかり。

でも、一生懸命生きよ。
冒険だ!


いい状況を継続できるように、

頑張ることが一番の目標。


このメンバーなら大丈夫だと思う。

どんなピンチが起きたって
力を合わせて乗り切れるよ。


皆音楽が大好きで、

いつも「あれやりたい」
「これやりたい」が

飛び交って刺激をくれる。

周囲から見ると
バカみたく仲がいいらしい。

プライベートもずっと一緒。

明日も会えるのに
夜中まで喋ってたりする(笑)。


俺が毎日がんばれる要因って
いくつかあるんですけど、

そのひとつはまちがいなく
ファンの存在で。

本当に俺すら忘れてることまで
全部、憶えててくれる。


スポンサードリンク




メンバーが俺に対して
扉を開いてくれた感じがして。

俺も心を完全に開いてる。


俺らって、どこに行っても
楽屋のまんま。

イヤならイヤって言ってるしね。
そういう関係は築けてるから。


10代のころは同世代と
遊ぶのが楽しかったけど、

今は目上の人といると、
いろいろ学べる。


JUMPになることは、
俺たちにとってどういうことか。

何を背負い、
何を手放さなければいけないか。


ダントツに誰か目立つ
グループの形もあると思うんです。

でも全員がすごいSMAPみたいな
グループになりたいんです。


スポンサードリンク



ジャニーさんへ


ジャニーさんが
病院に搬送された時は

メンバー全員で
一目散に駆けつけました。

「ジャニーさん。
Hey!Say!JUMPが来たよ」

と言うと反応してくれて
喜んでくれました。

その後もジャニーさんに
各々が言葉を発すると

足を動かして
反応してる様子を見てると、

不思議とその場が明るくなって、

やっぱりジャニーさんは
優しくて、

常にエンターテイナー
だなと思いました。

昨夜、メンバー全員で
仕事が終わった後に

ジャニーさんの事を聞きました。

Hey! Say!JUMP全員で楽屋に居て、
あんなに静かなのは初めてでした。

僕、八乙女としては
正直に言うと、

まだ現実にピンと来てません。

きっとジャニーさんの事だから
嘘だよ!ビックリした?と

また笑わせる為に
現れるんじゃないかと思ってます。

亡くなったジャニーさんを
抱きしめて、耳元で、

宮城県に居る何のスキルも無い
僕を見つけて呼んでくれて
本当にありがとう。

と言いました。

泣くのはジャニーさんは
嫌がると思って

笑顔で何度も耳元で
ありがとうを伝えました。

眠っているジャニーさんの顔は
穏やかで

最後まで
優しさに満ち溢れてました。

僕の中では「亡くなった」
と言うと何か違くて、

「亡くなって居る。」という、
居る。

と言う部分を付ける事によって、
心の整理にピタっとハマりました。

ジャニーさんとの思い出は
沢山あります。

楽しく食事したり、
まだ東京に慣れてない僕を

遊園地に一緒に行って
遊んでくれたのも今思うと、

とても社長とは思えない神対応を
常にしてくれたんだなと思いました。

ジャニーさんからは

沢山のエンターテイナーとしての
愛を教わりました。

だからこれからは
心に居るジャニーさんと

共に日本のエンターテイメントを
盛り上げる為に

ジャニーズが手を取り合い、

ハッピーな出来事を
天国のジャニーさんに伝えたいです。

ジャニーさん。

天国でもエンターテイメントで
1番になってね。

本当にありがとう。大好きです。


スポンサードリンク



八乙女 光に関する書籍等


八乙女 光・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




名言を投稿