【夢を叶える名言・格言集】
藤原 恭大



ケガがあったから

自分の打撃を
見つめ直すことができました。

ケガをプラスととらえ、
自分を変えることができました。

スポンサードリンク


藤原 恭大

■藤原 恭大(ふじわら きょうた)
2000年5月6日生まれ。
大阪府豊中市出身。
身長:181cm、体重:78kg。
大阪桐蔭高、野球選手。

中学時代は枚方ボーイズに所属し、
小園海斗と共に全国優勝を経験。

大阪桐蔭高等学校に進学し、
4番打者として
甲子園春夏連覇の原動力となる。

2018年 ドラフト会議では、
3球団から1位指名を受け、
抽選の結果
ロッテが交渉権を獲得。

藤原 恭大・名言


最終的には

メジャーリーグに挑戦したい。


「プロになる」ことが
最終目標ではなく

「プロになって歴史に名を残す」
ことがゴール。


3冠王や毎年トリプルスリー
(打率3割、30本塁打、30盗塁)を

達成できるような選手になりたい。


打撃の感覚が良い時は

投手のボールが遅く感じる、
見えているのかなと思います。


三振をしないこと。

とにかく
くらいついていくこと。


金属バットだと

ホームランを
意識してしまうのですが、

木製では
それができないので、

とにかくヒットを
打つことを

心掛けて打っています。


スポンサードリンク




ケガがあったから

自分の打撃を
見つめ直すことができました。

ケガをプラスととらえ、
自分を変えることができました。


ホームランを打った
試合を見ると、

後ろ重心に
なっているんですよね。

それに気づいてから
打撃練習でも

こだわっていますし、
打球も飛んでいます。


自然と逆方向に
強い打球が行くのは

調子が良い証拠。


プロになったら、
打てなくても

新聞の1面を飾れる選手に
なりたいと思っています。

自分が勝敗の責任を
背負う選手、

それだけ頼られる選手に
なりたいからです。


スポンサードリンク




藤原 恭大に関する書籍等


藤原 恭大・一覧
【楽天】 【Amazon】

LINE/Twitter




名言を投稿